メインメニューを開く

有地新影流(ありちしんかげりゅう)とは、大野松右衛門(柳生家信)より有地元勝(有地内蔵允)に伝えられ福岡藩に伝わった系統の新陰流

概要・歴史編集

大野松右衛門は柳生宗厳の高弟で、穴沢浄見より新当流長太刀(薙刀術)も学んだとされ、新陰流の印可を授かる際に柳生姓を名乗ることを許されたとされる。印可を得た後、大野松右衛門は弟子の有地元勝とともに西国に赴き、萩藩次いで福岡藩で新陰流を広めた。大野松右衛門より新陰流剣術と新当流長太刀を継承した有地元勝は引き続き、萩を拠点に九州各地で新陰流を広めた。

有地元勝より後は有地就信と有地元貞の2系統に分かれて伝えられたが、有地就信と三宅重栄(有地元貞の弟子)が福岡藩に召し抱えられ、2系統とも福岡藩の剣術師範家として続いた。また、有地就信は新当流長太刀も福岡藩に伝えた。

現在活動している団体編集

1981年昭和56年)には13代の蒲池則より独立を認可された「西国柳生新影流兵法」が有り、他にも「柳生新影流兵法」という名称で伝承されている

1997年平成9年)、蒲池則の死後、長岡鎮廣が14代を継承し「福岡黒田藩伝柳生新影流兵法」という名称が用いられている。

内容は剣術居合術、短杖術などである。

関連項目編集

外部リンク編集