メインメニューを開く
画像提供依頼:神社の画像提供をお願いします。2019年8月

有松天満社(ありまつてんましゃ)は、愛知県名古屋市緑区鳴海町米塚10​にある神社旧社格村社。鎮座地は旧鳴海町であるが、旧有松町の氏神である[1]

有松天満社
所在地 愛知県名古屋市緑区鳴海町米塚10​
位置 北緯35度04分15.0秒
東経136度58分05.8秒
座標: 北緯35度04分15.0秒 東経136度58分05.8秒
主祭神 菅原道真
社格 村社
例祭 3月第3日曜日、10月第1日曜日
地図
有松天満社の位置(愛知県内)
有松天満社
有松天満社
テンプレートを表示

祭神編集

歴史編集

  • 創建は定かでないが、尾張知多郡有松町の祇園寺の境内に鎮座していた[1]
  • 寛政初年(1789年) - 現在地に詩歌文章が埋め置かれる[1]
  • 文政7年(1824年) - 現在地に神廟を建立。これより有松町の産土神となる[1]
  • 1879年(明治12年)7月9日 - 村社に列格[1]
  • 1907年(明治40年)10月26日 - 供進指定社となる[1]

年間行事編集

10月第1日曜日の有松の山車祭り(秋季大祭)では3輌の山車(東町・中町・西町)が曳行される。『尾張年中行事絵抄』には「有松天神祭」として描かれている。3輌の山車は名古屋市指定有形民俗文化財に指定されている。

祭礼編集

  • 1月1日 - 元旦祭・進学祈願祭
  • 3月第3日曜日 - 春季大祭
  • 10月第1日曜日 - 有松の山車祭り(秋季大祭)

出典は公式サイト[2]

神事編集

  • 1月14日 - 左義長
  • 1月25日 - 初天神祭
  • 2月5日 - 初午前夜祭(稲荷)
  • 3月9日 - 金比羅春祭前夜献灯
  • 3月第3日曜日の前日 - 天満社春季大祭前夜祭
  • 7月15日 - 津島祭 迎え
  • 8月23日 - 津島祭 中祭り
  • 9月30日 - 津島祭 送り
  • 10月第1日曜日の前日 - 天満社秋季大祭前夜祭
  • 11月9日 - 金比羅秋祭
  • 11月25日 - 新嘗祭
  • 12月16日 - 秋葉社 秋季大祭

出典は公式サイト[2]

文化財編集

名古屋市指定文化財(無形民俗文化財)編集

  • 有松祭りの山車行事と布袋車 - 1973年2月1日に名古屋市指定有形民俗文化財に指定。2014年3月31日に名古屋市指定無形民俗文化財に切り替え。
  • 有松祭りの山車行事と唐子車 - 同上。
  • 有松祭りの山車行事と神功皇后車 - 同上。

現地情報編集

所在地
  • 愛知県名古屋市緑区鳴海町米塚10​
交通アクセス
周辺

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 愛知県神社庁『愛知県神社名鑑』愛知県神社庁、1992年、83頁
  2. ^ a b 年間行事 有松天満社

参考文献編集

  • 愛知県神社庁『愛知県神社名鑑』愛知県神社庁、1992年

外部リンク編集