メインメニューを開く

服部良久(はっとり よしひさ、1950年9月- )は、西洋史学者、京都大学教授。西洋中世史専攻。

来歴編集

三重県生まれ。1973年京大文学部史学科卒、77年同大学院博士課程中退、78年天理大学外国理学部講師、83年富山大学人文学部助教授、90年京都大学文学部助教授、95年教授。98年「ドイツ中世の領邦と貴族」で文学博士

著書編集

  • ドイツ中世の領邦と貴族 創文社 1998.1
  • アルプスの農民紛争 中・近世の地域公共性と国家 京都大学学術出版会 2009.3

共編著編集

  • 西欧中世史 中 成長と飽和 江川温共編著 ミネルヴァ書房 1995.11 (Minerva西洋史ライブラリー
  • 大学で学ぶ西洋史 古代・中世 南川高志,山辺規子共編著 ミネルヴァ書房 2006.8
  • 人文学への接近法 西洋史を学ぶ 南川高志,小山哲,金澤周作共編 京都大学学術出版会 2010.6
  • 紛争史の現在 日本とヨーロッパ 蔵持重裕共編 高志書院 2010.10

翻訳編集

  • ドイツの臣民 ひとつの異議申し立て 平民・共同体・国家1300~1800年 ペーター・ブリックレ ミネルヴァ書房 1990.6
  • 紛争のなかのヨーロッパ中世(編訳)京都大学学術出版会 2006.7