メインメニューを開く

蔵持 重裕(くらもち しげひろ、1948年4月 - )は、日本日本史学者。立教大学名誉教授。

東京都足立区生まれ。東京都立京橋高等学校卒。1972年立教大学文学部史学科卒、新日本出版社に入る。1979年立教大学大学院修士課程修了、1982年一橋大学大学院経済学研究科博士課程後期退学。指導教官は永原慶二[1]。1983年まで一橋大学助手。1994年滋賀大学経済学部助教授、1998年教授、「日本中世村落社会史の研究」で立教大学文学博士。1999年立教大学文学部教授。2014年退職、名誉教授[2]池上裕子に師事した。

目次

著書編集

  • 『日本中世村落社会史の研究』校倉書房 歴史科学叢書 1996
  • 『中世村の歴史語り 湖国「共和国」の形成史』吉川弘文館 2002
  • 『声と顔の中世史 戦さと訴訟の場景より』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2007
  • 『中世村落の形成と村社会』吉川弘文館 2007

共編著編集

論文編集

脚注編集