メインメニューを開く

望 公太(のぞみ こうた、1989年[1] - )は、日本小説家福島県出身[1]横浜国立大学[1]ペンネーム太公望に由来する。

望 公太
(のぞみ こうた)
ペンネーム
  • 望 公太(のぞみ こうた)
誕生 1989年????
日本の旗 日本福島県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2011年 -
ジャンル ライトノベル
代表作
主な受賞歴 2011年 第5回ノベルジャパン大賞金賞(『僕はやっぱり気付かない』)
同年 第3回GA文庫大賞優秀賞(『Happy Death Day』)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

略歴編集

2011年2月、横浜国立大学在学中[1]に『僕はやっぱり気付かない』で、第5回ノベルジャパン大賞(2014年現在のHJ文庫大賞)金賞を受賞する[2]

同年4月、『Happy Death Day』で、第3回GA文庫大賞優秀賞を受賞する。

同年8月、『僕はやっぱり気づかない』(HJ文庫、『僕はやっぱり気付かない』改題)でデビューする。

同年9月、『Happy Death Day 自殺屋ヨミジと殺人鬼ドリアン』(GA文庫、『Happy Death Day』に副題付与)が発売される。望は本書のあとがきに「この作品は僕の処女作」と記した上で、「僕のデビュー作はそちらの作品(『僕はやっぱり気づかない』)になるのですが、前述の通り処女作はこの作品なので、なんだか不思議な気分です。」と記している。

2012年、横浜国立大学を卒業する。

同年6月に1巻が発売された『異能バトルは日常系のなかで』(GA文庫)は、2013年5月にドラマCD化、同年7月に漫画化、2014年10月にテレビアニメ化された。

主な作品リスト編集

個別記事が存在する作品の詳細はそちらを参照。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「読める! HJ文庫」連載作品の書籍化。

出典編集

  1. ^ a b c d 『僕はやっぱり気づかない』各巻、著者紹介欄
  2. ^ 第5回ノベルジャパン大賞 結果発表

外部リンク編集