メインメニューを開く

望闕礼(ぼうけつれい)は、皇帝国王と離れた場所にいて直接に拝謁できない時に、宮闕のある方を向いて礼を行う儀式である。

望闕礼
各種表記
ハングル 망궐례
漢字 望闕禮
発音 マンクォルレ
日本語読み: ぼうけつれい

中国から冊封を受けていた李氏朝鮮では、元旦冬至、聖節(中国皇帝の誕生日)、千秋節(中国皇太子の誕生日)に、朝鮮国王漢城(ソウル)から中国皇帝がいる北京の方向を向いて遥拝する望闕礼を行っていた[1]

大韓帝国成立後には廃止された[1]

脚注編集

  1. ^ a b 망궐례 두산백과, 네이버 백과사전(斗山世界大百科事典

関連項目編集

外部リンク編集