朝宮御殿(あさみやごてん)は、江戸時代に現在の愛知県春日井市に存在した建築物。

朝宮御殿の碑

概要編集

寛永年間(1624年-1643年徳川義直鷹狩りの際の休息場として造営された仮殿である。 御殿周辺に広がっていた荒野(春日井原)一帯に生息していたヒバリが主な獲物だったといわれている。建物跡地に石碑が建立されたが土地区画整理に伴って朝宮神社に隣接した所に移動された。

所在地編集

参考文献編集

  • 『春日井市誌』春日井市教育委員会編。

関連項目編集