メインメニューを開く

朝鮮総督府学務局(ちょうせんそうとくふがくむきょく)は、朝鮮総督府に置かれた内部部局朝鮮における文教・宗教・社会行政を管掌した。

沿革編集

1910年(明治43年)10月1日、韓国併合にともない朝鮮総督府が設置されると、内務部管下に学務局が置かれた。1919年(大正8年)8月20日の朝鮮総督府官制改正(勅令第386号)により、学務局は総督直属の局に改められた。

機構編集

1941年(昭和16年)9月1日現在。

  • 学務局
    • 学務課
    • 社会教育課
      • 博物館
    • 編輯課
    • 教学研修所
    • 中堅青年修練所

関連する総督府所属官署として、京城帝国大学、官立学校、図書館陸軍兵志願者訓練所などが置かれた。

歴代局長編集

氏名 在任期間 備考
朝鮮総督府内務部学務局長
関屋貞三郎 1910年(明治43年)10月1日 - 1917年(大正6年)10月8日
(兼)関屋貞三郎 1917年(大正6年)10月8日 - 1919年(大正8年)8月20日 本務・朝鮮総督府中枢院書記官長[1]
朝鮮総督府学務局長
柴田善三郎 1919年(大正8年)8月20日 - 1922年(大正11年)10月16日
長野幹 1922年(大正11年)10月16日 - 1924年(大正13年)12月1日
李軫鎬 1924年(大正13年)12月1日 - 1929年(昭和4年)1月19日
松浦鎮次郎 1929年(昭和4年)1月19日 - 1929年(昭和4年)10月4日
武部欽一 1929年(昭和4年)10月4日 - 1931年(昭和6年)6月27日
牛島省三 1931年(昭和6年)6月27日 - 1931年(昭和6年)9月23日
林茂樹 1931年(昭和6年)9月23日 - 1933年(昭和8年)8月4日
渡辺豊日子 1933年(昭和8年)8月4日 - 1936年(昭和11年)5月21日
富永文一 1936年(昭和11年)5月21日 - 1937年(昭和12年)7月3日
塩原時三郎 1937年(昭和12年)7月3日 - 1937年(昭和12年)12月1日 心得
塩原時三郎 1937年(昭和12年)12月1日 - 1941年(昭和16年)3月26日
真崎長年 1941年(昭和16年)3月26日 - 1942年(昭和17年)10月23日
大野謙一 1942年(昭和17年)10月23日 - 1944年(昭和19年)8月17日
武永憲樹(厳昌燮) 1944年(昭和19年)8月17日 - 日本統治下最後の局長

脚注編集

  1. ^ 『官報』第1557号、大正6年10月9日。

参考文献編集

  • 朝鮮総督府編『施政三十年史』(朝鮮総督府、1940年)
  • 朝鮮総督府編『朝鮮事情 昭和十七年度版』(朝鮮総督府、1941年)
  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』(東京大学出版会、1981年)

関連項目編集