メインメニューを開く

木下 俊定(きのした としさだ)は、安土桃山時代武将大名岡山藩家臣。従五位信濃守。

 
木下俊定 / 小出俊定
時代 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 慶長7年10月15日1602年11月28日
改名 木下俊定 → 小出俊定
別名 定俊、通称:信濃守、木下信州
戒名 慈徳院叟林幻化[2]
慈徳院殿信州太守林叟幻化禅定門[3]
官位 従五位信濃
主君 豊臣秀吉秀頼
岡山藩
氏族 木下氏小出氏
父母 父:木下家定、養父:小出吉政
兄弟 勝俊利房延俊俊定小早川秀秋俊忠秀規周南紹叔
義兄弟:吉英吉親 ほか

小出吉政(大和守)の養子[2]で、小出俊定とも云う。

略歴編集

木下家定の四男[4]。『木下家譜』では生母を雲照院とするが[2]、『寛政重修諸家譜』では某氏とする。

豊臣秀吉に仕えて、丹波国内で1万石を与えられた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、小出秀政、吉政と同じく西軍に属して、俊定は三尹らと大津城の戦いに参加した。戦後、改易されて俊定の所領は没収されるが、10月24日に大津攻めで活躍した家臣大槻小右衞門に感状を出している[5]

その後は弟の秀秋の岡山藩に寄食して、備前国内で和気郡など5,000石を知行したが、慶長7年(1602年)10月15日に病死した。法名は慈徳院叟林幻化。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 閲覧可能。
  2. ^ a b c 『木下家譜』(東京大学史料編纂所所蔵[1])による。
  3. ^ 前川和彦 『豊臣家存続の謎 : 秀頼父子は九州で生きていた 戦国の秘史』 日本文芸社、1981年、冒頭カラー頁。 ASIN B000J7TEQA
  4. ^ 『尾張群書系図部集』では四男を俊忠とし、俊定については表記がない。
  5. ^ 国史研究会 1916, pp.37-38

参考文献編集