木下利房

安土桃山時代から江戸時代前期の武将、大名。備中足守藩2代藩主。従五位下宮内少輔。木下家定の次男

木下 利房(きのした としふさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけて武将大名備中国足守藩2代藩主[3]。官途は従五位宮内少輔。初名は勝義。は惟俊とする史料もある[2]

 
木下利房
Kinoshita Toshihusa.jpg
木下利房像(圓徳院蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正元年(1573年
死没 寛永14年6月21日1637年8月11日
改名 勝義(初名)[1]、利房
別名 勝義(勝藤)、惟俊[2]
通称:宮内少輔、木下宮内
戒名 円徳院殿半湖休鷗居士
墓所 高台寺円徳院京都市東山区
官位 従五位下宮内少輔
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼)→徳川家康秀忠家光
備中足守藩
氏族 木下氏(杉原氏)
父母 父:木下家定、母:雲照院杉原家次娘)
兄弟 勝俊利房延俊俊定小早川秀秋
俊忠秀規周南紹叔
正室:織田信包、継室:進藤正次
利当利次、養子:利古
特記
事項
次男の利次は高台院の養子になって、幕府に認められた第二豊臣氏の後継者である。
テンプレートを表示

略歴編集

天正元年(1573年)に杉原定利の孫、木下家定の次男[1]として若狭国で生まれた[4]。利房は豊臣秀吉の正室高台院北政所、おね)の甥でもある。縁族であり、木下姓を称するが、秀吉と血のつながりはない。

歌人木下長嘯子として知られる勝俊は異母兄[5]であり、雲照院杉原家次の娘)を生みの母とする同母弟は延俊小早川秀秋(秀俊)は確実であるが、他の弟は異母弟とする系図がある[6]

豊臣秀吉に仕えて、文禄・慶長の役では肥前名護屋城に駐屯[1]文禄3年(1594年)、勝俊に小浜城6万2千石が与えられた時に、利房にも隣接する高浜城2万石が与えられ[1]、従五位下宮内少輔に叙され[4]慶長元年(1596年)にはそれが3万石に加増された[1]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に属した。8月1日、宇喜多秀家毛利輝元らの命令で、利房と勝俊の若狭勢は越前国北ノ庄(福井城)援軍を命じられた[7]。戦後、大聖寺城攻略戦などに援兵を出した責任を問われて、死刑に処せられるべきところを高台院の所縁により改易で許され、所領を没収された[4]。勝俊は東軍に属したが、伏見城の戦い鳥居元忠より退去せよといわれ退去したことから、戦後敵前逃亡とみなされ除封されていた。兄弟は父家定を頼って備中足守に落ち延びた。

ところが慶長13年(1608年)8月26日に父が死去すると、遺領2万5,000石を巡って兄弟で争い、翌年9月に分割相続するように幕府から指示されたが、高台院がこれを守らずに勝俊のみに与えたため、徳川家康は不快におもって裁定を下さして、遺領はすべて没収とされた[4]

大坂の役では、徳川方に組して冬の陣に参加した。『譜牒余録』によると夏の陣では、自ら豊臣秀頼との交渉に出向こうとした高台院を制止するため、江戸幕府によって護衛の名目で監視役に付けられた、ということが記されている。

こうした実績から、元和元年(1615年)、備中の賀陽郡上房郡の2郡で2万5,000石の知行を拝領し[4]、木下氏は足守藩主として復活した。なお、利房の法号の圓徳院は、そのまま高台寺の塔頭の名前に使われている。

寛永3年、徳川秀忠の上洛に供奉して、9月3日の参代にも扈従した[4]

寛永14年(1637年)6月21日に没す。享年65。法名は半湖休鷗。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 高柳 & 松平 1981, p. 84.
  2. ^ a b 若狭関連の資料による。『福井県史』 (※このサイトでは兄・勝俊の伏見城従軍が間違って『西軍』と記載されていることに注意)
  3. ^ 勝俊を、同時ではなく、先んじる足守藩主と数えると第3代目にあたる。
  4. ^ a b c d e f 堀田 1923, p. 171.
  5. ^ 寛政重修諸家譜』『尾張群書系図部集』『木下家譜』など。
  6. ^ 『木下家譜』では、利房、延俊、俊定、秀秋、出雲守、僧は雲照院を生母とし、勝俊と秀規を異母とする。『寛政重修諸家譜』等諸系図では、利房、延俊、秀秋だけを雲照院が産んだ同母兄弟とし、残り全てを異母兄弟とする。
  7. ^ 史料綜覧11編913冊241頁.

参考文献編集

関連項目編集