メインメニューを開く

木曽 大介(きそ だいすけ、1978年1月24日 - )は、日本のプロレスのレフェリー

木曽 大介
Daisuke Kiso
木曽 大介 Daisuke Kisoの画像
プロフィール
リングネーム 木曽 大介
本名 同じ
身長 165cm
体重 55kg
誕生日 (1978-01-24) 1978年1月24日(41歳)
出身地 石川県金沢市
所属 DDT
レフェリー
テンプレートを表示

石川県金沢市出身、DDT所属。

略歴編集

2008年、DDTに入社。

2010年6月3日新木場大会にて、中澤マイケル入江茂弘でレフェリーデビュー[1]

以降、メインレフェリーの松井幸則と共にDDTの試合を裁く他、不定期でアイスリボンスターダムなど他団体のレフェリーも任される。

2019年6月12日春日部ふれあいキューブ大会においてアイアンマンヘビーメタル級王座を戴冠、即日陥落[2]

人物編集

  • DDT入社前は講師などの職歴があり、栄養士の資格も持つ。
  • サンボで全日本選手権3位に入った実績を持ち、東京女子プロレスプレイベントで同じく経験者である木場千景とサンボエキシビションを披露した[3]
  • カウントの速さは裁く団体に応じ多少変えている。
  • 広島東洋カープの大ファンでファンクラブにも入会していて各種プロレス関係者と高頻度で観戦にも行っている。
  • Twitterでは高頻度でチェリーの日常をツイートしている。

脚注編集

  1. ^ DDTプロレス2012年8月18日日本武道館大会パンフレット33ページ
  2. ^ https://www.ddtpro.com/results/3141
  3. ^ 2013年1月30日(水) Twin Box AKIHABARA”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。

外部リンク編集