ドイツにある木橋

木橋(もくきょう)とは主要部材に木材を用いたである。

目次

概要編集

橋の材料として古来から用いられており、現在でも人道橋など荷重強度が小さな橋を中心に架設例がある。特に1990年代以降は、従来の無垢材に加えて集成材の利用が進み、以前の伝統的木橋と区別して「近代木橋」と呼ばれることもある。構造自体が木橋でも、歩行面が土の場合、土橋と呼ばれることがある。

鉄筋コンクリート鋼材繊維強化プラスチックなどとの複合橋も架設されている。

橋梁形式編集

桁橋トラス橋アーチ橋を中心に各種の形式がある。

ギャラリー編集

関連項目編集

外部リンク編集