高度経済成長

高度成長期から転送)

高度経済成長(こうどけいざいせいちょう)または、高度成長(こうどせいちょう)、高成長(こうせいちょう)とは、飛躍的に経済規模が継続して拡大することである。好景気時の実質経済成長率が約10%以上を表す。

概要編集

経済成長は条件が整うと飛躍的に上昇する場合がある。経済成長付加価値生産力の増大を意味するため、経済成長の条件には、

  • 付加価値生産力にかかわる充分な資源の存在
  • 生産された付加価値を消費する充分な需要
  • 新しい価値の形をもたらす技術革新
  • 資本の蓄積が低い状態で貯蓄率が高い
  • 豊富な労働力

などがある。とりわけ生産力増大のための投資が興隆した場合、経済は大きく成長する。投資は生産力と雇用を増大させると同時に乗数効果により需要を生み出す(投資の二重性)。投資が需要と供給の双方を生み出すことで付加価値生産は増大する。

一方でこの需要と供給の急増大が雇用との関係も含めてバランス(ナイフ・エッジの均衡)をとるのは難しく、様々な要因で高度成長はストップする。

経済学的には、戦争などによる資本ストックの大量の減少は、貯蓄率一定の場合その後の国民所得フロー)の高成長をもたらすことがソロー・モデルによって予測される。

日本の高度経済成長期編集

日本経済が飛躍的に成長を遂げた時期は、1954年昭和29年)12月(日本民主党第1次鳩山一郎内閣)から1970年(昭和45年)7月(自民党第3次佐藤内閣)までの約16年間である[1]。この間には「神武景気」や「岩戸景気」、「オリンピック景気」、「いざなぎ景気」と呼ばれる好景気が立て続けに発生した。

また、第一次世界大戦の参戦の日本勝利以降にイギリスアメリカなどと日本が並んで「五大国」の一国に数えられていた昭和前期の日中戦争の前後から、第二次世界大戦後期においてアメリカ軍による日本本土への空襲が激しくなり工業生産に影響が出てくる1944年前後までの期間も、軍需に支えられた統制経済下にあるとはいえ経済成長率自体は高度成長期に匹敵する[要出典]

経過編集

戦後復興から高度成長へ編集

第二次世界大戦の終結後、吉田内閣片山内閣による傾斜生産方式[注釈 1]復金インフレが起こると、ドッジ・ラインと呼ばれる総需要抑制政策が行われ、インフレは終息したが経済成長も失速した。(ドッジ不況)

1950年に勃発した朝鮮戦争により特需景気が発生すると不況から脱却する。この特需のあとに消費が拡大し、電力、鉄鋼、海運、石炭への設備投資も拡大(消費・投資景気)、さまざまな経済指標が戦前水準まで回復した。

経済的な復興は果たしたものの、日本経済は依然として不安定であった。『1956年経済白書』では、戦後復興という回復を通じての経済成長が終わり、今後の成長には近代化が不可欠とし、「もはや戦後ではない」と謳って成長率の鈍化を懸念して近代化とそのための経済構造改革を訴えた。しかしその懸念とは裏腹に経済成長は1970年代初頭まで続き、日本的経済システムが確立され、定着した。

1950年代以降、好況で発生する消費ブームは輸入の急増を伴い、しばしば国際収支の天井[注釈 2]にぶつかり、政府の金融政策の下で不況に転じざるを得ずに短命に終わることがあった。しかし高度経済成長を通じて国内の供給が徐々に確保され、国際収支の天井が高くなると景気拡大の期間が延びていった。[2]

高度経済成長期は何度かの景気後退を挟みつつ、神武景気、岩戸景気、オリンピック景気、いざなぎ景気という4つの好景気によって支えられた。

神武景気編集

神武景気は1954年11月を谷として始まるが、この好況は船舶、鉄鋼の輸出ブームによって始まり、設備投資ブームで拡大した。[3]1956年には設備投資の伸び率が名目ベースで56.0%、実質ベースでも39.1%まで拡大したが、電力業、機械業などの基幹産業への投資が下支えしていた。[4]

しかし、景気拡大が急激すぎたために輸入が急増、国際収支が悪化し、日銀が金融引き締めを発動したことにより神武景気は31ヶ月で終わった。

神武景気後の不況(なべ底不況)は設備投資後の資本ストック調整が原因であったために「なべ底」を這うように不況が長期化するとの悲観的な見方があったが、資本ストックの調整は一時的なものを含む在庫調整が主たるものであったため、大方の予想に反して経済は回復を果たした。[4]

岩戸景気編集

1958年6月になべ底不況から回復したことにより岩戸景気が始まった。岩戸景気は設備投資によりけん引され、1961年12月まで続く比較的長期の景気拡大であるが、その要因としては

が挙げられる。

1960年12月には池田内閣国民所得倍増計画を発表する。GNPを10年間で2倍にしようというこの計画は専門家の間でも否定的な見方が多かったが、のちに7年で当初の目標を達成した。

しかし神武景気同様に国際収支が悪化し、金融引き締めを行った結果、不況(転型期(てんけいき)不況[5])へと転じた。

オリンピック景気編集

岩戸景気の後退後、東海道新幹線首都高地下鉄ホテルなどの建設ブームによって景気は拡大したが、オリンピックの閉幕とともに好景気は収束した。

当時の経済成長は証券市場の成長も促し、投資信託の残高は1961年に4年前の約10倍となる1兆円を突破していた。この勢いは、当時、「銀行よさようなら、証券よこんにちは」というフレーズが流行るほどだった。 しかし、オリンピック景気の終息で事態は一変した。1964年にサンウェーブと日本特殊鋼(現大同特殊鋼)が倒産、1965年には山陽特殊製鋼倒産事件が発生した[6]。さらに大手証券会社各社が軒並み赤字に陥った(証券不況)。一方個人消費は旺盛であり、主に個人消費者を対象とする製造業や流通業、サービス業はこの不況の影響をほとんど受けなかった。[要出典]

こうした事態を受け、不況拡大を防ぐために政府は、1965年5月に山一證券への日銀特融、7月には戦後初である赤字国債の発行を決めた。結果、当時の政財界の関係者が危惧していた昭和恐慌の再来を未然に防ぎ、高度経済成長を持続していくこととなる。

いざなぎ景気編集

証券不況後のいざなぎ景気は民間投資と民間消費によって民間部門が下支えし、1965年10月から1970年7月までの57か月という長期に及ぶ景気拡大だった。好況が長期化した主因は3つ挙げられる。

  1. 貿易収支と経常収支の黒字が安定し、国際収支の天井がなくなった
  2. 3C(新三種の神器)への消費支出が増加するなど消費が堅調であったこと
  3. 設備投資が依然として盛んだったこと

1968年には国民総生産(GNP)が、当時の西ドイツを抜き第2位となった。戦後、焼け野原で何もないところから世界第2位の経済大国まで上り詰めたというのは世界的に見ても例が無く、第二次大戦終戦直後の復興から続く一連の経済成長は「東洋の奇跡」(英語では「Japanese miracle」)と言われた。この驚異的な経済成長への憧憬や敬意から、日本を手本とする国が現れ始める(マレーシアにおけるルックイースト政策など)。

国際収支の天井はなくなったものの、製品需要や労働需要の余裕がなくなり、大阪万博のさなかの1970年7月、いざなぎ景気は幕を閉じ、一般にここまでを高度経済成長期と呼ぶ経済学者や専門家等が多い。

弊害編集

経済成長の陰で急速な工業化に伴い環境破壊が起こり「水俣病」や「イタイイタイ病」、「四日市ぜんそく」、「第二水俣病」といった各地の公害病の発生、大量生産の裏返しとしてのゴミ問題などの公害の問題が高度経済成長期後半になると深刻化した。

また、都市への人口集中による過密問題の発生と地方からの人口流出による過疎問題が発生した。高度経済成長時代も後半はその政策の見直しを迫られ、1967年第2次佐藤内閣による公害対策基本法の制定や1972年田中角栄による『日本列島改造論』の提唱につながることになる。

高度経済成長期には、近代的なインフラが集中的に建設されたため、2020年代以降、一斉に寿命を迎えて利用に支障を来すなど社会問題化することが予見されている[7]。このため政府は、2013年より「インフラ長寿命化基本計画」を立案して対策に乗り出している[8]

各国の飛躍的な経済成長編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注脚編集

  1. ^ 基幹産業に対して復興金融公庫の債券で融資する
  2. ^ 固定レートの下、国際収支のバランスをとるために政府が財政金融両面で引き締めを行って投資や消費を抑制しなければならない状況

出典編集

  1. ^ 日本の高度経済成長期の正式な期間は定められていないので経済学者や専門家等の、それぞれの考え方によって期間の違いはある。
  2. ^ 浅子和美、飯塚信夫、篠原総一 2015, p. 46.
  3. ^ & 櫻井宏二郎 2018, p. 18.
  4. ^ a b & 櫻井宏二郎 2018, p. 93.
  5. ^ 1962年1月から10月までの不景気期間
  6. ^ この周辺の経緯を基にしたのが「華麗なる一族」である
  7. ^ 橋を取り巻く交通環境と進行する高齢化”. 国立研究開発法人 土木研究所. 2018年8月25日閲覧。
  8. ^ インフラ長寿命化基本計画”. インフラ老朽化対策の推進に関する関係省庁連絡会議 (2013年11月). 2018年8月25日閲覧。

参考文献編集

  • 1958年~1962年 岩戸景気→転型期(てんけいき)不況(転換型不況、昭和37年不況)について (内閣府)
  • "Japan - Miracle in Asia(日本-アジアの奇跡)" (1963年) - 高度成長する日本の姿を追った映像リポート(英語)。ガラス窓の破れた粗末な家でちゃぶ台を囲むような暮らしでありながら、着物姿の妻が入浴中の夫の背中を流したり、日常の食事として寿司が登場したり、舞妓のいる座敷に子供がいたり、などなど、西洋人ならではの誤解に満ちた演出があるものの、高度成長期の活気のあった日本の姿をカラー映像で伝えている。
  • 櫻井宏二郎、2018、『日本経済論 史実と経済学で学ぶ』、日本評論社 ISBN 978-4-535-55720-8
  • 浅子和美飯塚信夫篠原総一、2015、『入門・日本経済[第5版]』、有斐閣 ISBN 978-4-641-16456-7

関連項目編集