メインメニューを開く

木股 知史(きまた さとし、1951年 - )は、日本近代文学研究者、甲南大学教授。文学部長(2014~2015年度)。

兵庫県生まれ。1975年立命館大学文学部日本文学科卒、1982年同大学院博士課程単位取得満期退学。国崎望久太郎に師事。甲南大学助教授、文学部日本文学科教授、文学部長。2008年『画文共鳴』で文学博士(立命館大学)。専門は石川啄木研究、および近代日本文学と美術の交流の研究。

著書編集

  • 『石川啄木・一九〇九年』冨岡書房 1984
  • 『<イメージ>の近代日本文学誌』双文社出版 1988
  • 『イメージの図像学 反転する視線』白地社 1992
  • 『画文共鳴 『みだれ髪』から『月に吠える』へ』岩波書店 2008

編著編集

  • 風呂で読む啄木 世界思想社、1997
  • 村上春樹 若草書房 1998(日本文学研究論文集成)
  • 吉本ばなな イエローページ 荒地出版社 1999
  • 近代日本の象徴主義 おうふう 2004
  • 明治大正小品選 おうふう 2006

翻訳編集

  • ジェイ・ルービン『風俗壊乱 明治国家と文芸の検閲』今井泰子,大木俊夫,河野賢司, 鈴木美津子共訳 世織書房 2011

参考編集