メインメニューを開く

末吉 利雄(すえよし としお、1909年3月23日 - 1995年12月31日[1])は、日本の政治家。第17代鹿児島市長

経歴編集

鹿児島県立工業学校 (旧制)卒。卒業後は日本専売公社に勤務する。1951年から鹿児島県議を連続4期務め[2]1960年には日本社会党鹿児島県本部委員長となった[2]1967年鹿児島市は谷山市を合併し、新鹿児島市が発足した。合併直後の市長選に革新系から立候補し、保守系の現職の三ッ井卯三男一騎討ちとなった。末吉は「市民との対話」 を訴え[3]、選挙戦を進め、現職を破って当選、平瀬實武以来の革新市長の誕生となった。市長就任後は福祉政策に重点を置き、「鹿児島市総合計画」を策定[4]、市民との対話集会を開いた[4]1971年の市長選でも再選、2期目に第27回国民体育大会の開催[2]、平川動物公園の開園[2]、オーストラリアパース市との姉妹都市の締結[2]などの出来事があった。1975年の市長選で3期目を目指したが、保守系で元県出納長の山之口安秀に敗れ[4]、4年後の1979年の市長選挙に再び立候補したが落選した[4]1995年12月31日死去。86歳没。

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、645頁。
  2. ^ a b c d e 『日本の歴代市長』第3巻、746頁。
  3. ^ 『鹿児島市史第4巻』、4頁。
  4. ^ a b c d 『鹿児島市史第4巻』、23頁。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第3巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 鹿児島市『鹿児島市史第4巻』鹿児島市、1990年。
  • 『現代物故者事典 1994~1996』日外アソシエーツ、1997年。
公職
先代:
三ッ井卯三男
  鹿児島市長
17代:1963 - 1975
次代:
山之口安秀