末帝(まってい)は、の第10代(最後)の皇帝女真名は呼敦(ホトン)、漢名は承麟(しょうりん)。世祖劾里鉢(ガリベチ)の息子の一人(太祖阿骨打や太宗呉乞買の兄弟)の末裔。父の名は不詳。兄は完顔白撒中国語版(漢名は承裔)。

末帝 完顔呼敦
第10代皇帝
王朝
在位期間 1234年2月9日
姓・諱 完顔呼敦
王承麟(漢名)
廟号 昭宗[1]
生年 不詳
没年 天興3年1月7日
1234年2月9日
不詳
不詳
陵墓 涇川県太平郷
年号 天興 : 1234年

生涯編集

哀宗のときに東面元帥となる。彼は金朝の下で軍事将軍を務め、皇帝の哀宗は彼の勇気と才能を高く評価した。彼の兄の完顔白撒は1232年モンゴル人に対するプチェンでの戦いで戦死した。

天興3年(1234年)、モンゴル帝国チンギス・カン軍の侵攻を受けて蔡州城に移っていた哀宗は死期を悟り、族兄の完顔呼敦に譲位した。はじめ、彼は皇帝即位を拒絶したが、哀宗は金朝の最後の皇帝として歴史に記憶されるることを嫌悪したため、哀宗は退位することを望んだ。また、哀宗は「私は太っていて、馬に乗って戦いを指揮することができない。もし蔡州城が落ちれば、馬に乗って逃げるのは難しいだろう。一方、あなたは体力があり、強靭で、更に有能な軍事指導者であるため、もし蔡州から脱出することができれば、王朝が命脈を保ち、いつか復興することができる」と主張したため、彼は皇帝即位をしぶしぶ受け入れた。

即位式が始まった直後の旧暦1月7日(2月9日)、彼は敵が城壁を破ったという知らせを受けた。哀宗は城奥の幽蘭軒において自ら縊死した。一方、末帝は兵を集め、通りや路地で敵と戦った。彼は最終的に都心部に退却することを余儀なくされたが、そこで哀宗の死の知らせを受け、残りの廷臣を集め、皇帝の死を悼む儀式を行い、「哀宗」を廟号と定めた。彼は最終的に淮西の蔡州城を脱出した際にモンゴル軍により捕らえられ、即日殺害された後に梟首され、金の皇統は絶えた(これは中国史上における皇帝の在位最短記録とされている)。こうして、金は太祖以来119年の歴史を終えた。死後、彼は涇州涇川県太平郷に埋葬され、昭宗[1]と廟号された。

歴史家は、彼を金朝の「末帝」(文字通り「最後の皇帝」)と呼んでいる。

脚注編集

  1. ^ a b 続資治通鑑』による