メインメニューを開く

本光院 (徳川家宣側室)

徳川家宣の側室

本光院(ほんこういん、生年不詳 - 宝永7年7月25日1710年8月19日))は、甲府藩主(後の6代将軍)・徳川家宣側室。俗名は斎宮(いつきのみや)。名はいつき、または園。

生涯編集

徳川忠長の旧臣である小尾正直の息子・小尾直易の四女として生まれた[1][2]

宝永6年(1709年7月半ばの頃より、家宣は御浜屋敷に出向き、そこを管理していた小尾直易の娘であるいつきを側室に申し立てる。その約1ヶ月後にいつきは大奥入りし、その際に名を斎宮に改めた。

宝永7年(1710年)に懐妊するが、7月24日に流産してしまい、斎宮本人も翌7月25日に没した[3][4]。 戒名は「本光院妙秋日円大姉」。墓所は東京都墨田区にある常泉寺。斎宮の墓碑には徳川家の象徴である三つ葉葵の御紋が刻まれており、歴代将軍の側室でそのような待遇を受けた人物は他にはいない。

脚注編集

  1. ^ 卜部典子『人物事典 江戸城大奥の女たち』p173
  2. ^ 幕府祚胤伝』によれば斎宮の父・直易は徳川忠長に仕え、後に浪人となり甲府に住んだことになっているが、忠長が自刃したのは寛永10年(1633年)であり、斎宮が召し出された宝永年間から計算すると、直易は100歳近い老人になってしまう。忠長に仕えていたのは直易の父・(彦左衛門)正直であり、彼は寛永19年(1642年)に徳川家光に召し出され、360石を賜っている。
  3. ^ 『幕府祚胤伝』には「七月廿四日、御産の催しこれ有りしか、御血荒れ、この病悩により翌廿五日死す」とあり、斎宮の死因を流産と説明している。
  4. ^ 日本史サスペンス劇場』(日本テレビ)において、斎宮は庭石から足を踏み外して転倒したため流産したと説明されたが、これに該当する資料はなく、番組内で取り上げられた「幕府祚胤伝」にもそのような記述は見られない。

参考文献編集