メインメニューを開く

本多 忠薫(ほんだ ただしげ)は、近江膳所藩の世嗣。

 
本多忠薫
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享2年(1745年
死没 享和元年12月24日1802年1月27日
改名 康年(初名)→忠薫
別名 大助(通称)
官位 従五位下、縫殿頭、伊勢
近江膳所藩世嗣
氏族 本多氏
父母 父:本多康桓
兄弟 忠薫康倍
正室:加藤泰衑の娘
康完康禎忠升、娘(板倉勝長継室)、娘(本多直美養女)、娘(本多忠暁室)、娘(本多光武養女)、娘(本多朝著養女)、娘(本多忠和正室)
テンプレートを表示

生涯編集

膳所藩嫡子本多康桓の長男として生まれ、父が家督相続により第7代藩主となるとその世嗣となる。宝暦11年(1761年)叙任するが、病弱を理由に明和元年(1764年)廃嫡された。代わって、叔父の康政伊勢国神戸藩から養子に迎えられて嫡子となった。