本多 政朝(ほんだ まさとも)は、江戸時代前期の大名上総国大多喜藩3代藩主、播磨国龍野藩主、播磨姫路藩2代藩主。忠勝系本多家宗家3代。

 
本多政朝
Honnda Masatomo.jpg
本多政朝像
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 慶長4年(1599年
死没 寛永15年11月20日1638年12月25日
戒名 法輪院殿天誉紅雲龍沢大居士
墓所 兵庫県姫路市書写山圓教寺
官位 従五位下甲斐守従四位下侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
上総大多喜藩主、播磨龍野藩主、播磨姫路新田藩主、播磨姫路藩
氏族 本多氏
父母 本多忠政妙高院
兄弟 栄寿院忠刻円照院政朝忠義
本多忠朝娘千代
政長政信政勝
テンプレートを表示

略歴編集

慶長4年(1599年)、本多忠勝の長男本多忠政(後に姫路藩の初代藩主)の次男として生まれる。母は松平信康の娘・熊姫

叔父である上総大多喜藩主本多忠朝慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で討死すると、幼少である忠朝の子・本多政勝に代わって大多喜藩を相続する。元和3年(1617年)に播磨龍野藩5万石に移封される。その後、寛永3年(1626年)に兄であり本多家宗家播磨国姫路藩の嫡子である本多忠刻が病死すると、宗家の嫡子となる。

寛永8年(1631年)、父の死去により家督を相続して姫路藩主となった。なお、相続前に所有していた5万石は、弟の本多忠義に1万石、従兄弟の本多政勝に4万石を分与した。

寛永15年(1638年)死去。跡を政勝が養子となって継いだ。

系譜編集