メインメニューを開く

本庄 道矩(ほんじょう みちのり)は、美濃高富藩の第2代藩主。

 
本庄道矩
時代 江戸時代中期
生誕 宝永6年1月25日1709年3月6日
死没 延享2年9月8日1745年10月3日
別名 久太郎(幼名)
戒名 円徳院覚誉本光涼然
墓所 東京都足立区伊興町狭間の法受寺(浅草の安養寺)
官位 従五位下大和
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
美濃高富藩
氏族 本庄氏
父母 父:本庄道章、母:水島氏
兄弟 道矩、娘(酒井忠候正室)、娘(酒井忠儔正室)、娘(本庄道倫正室)
正室:大田原扶清の娘
側室:松田氏、金沢氏
養子:道倫

生涯編集

初代藩主・本庄道章の長男。母は水島氏。正室は大田原扶清の娘。側室は松田氏、金沢氏。官位は従五位下・大和守。幼名は久太郎。

享保10年(1725年)、父の死去により跡を継ぐ。同年12月18日、従五位下・大和守に叙任。日光御祭礼奉行や大坂加番代、大番頭などを歴任した。延享2年(1745年)9月8日、37歳で死去した。嗣子がなかったため、養嗣子の道倫が跡を継いだ。