メインメニューを開く

本林 譲(もとばやし ゆずる、1909年3月31日 - 1992年4月17日)は最高裁判所判事。弁護士。東京府出身。

松本高等学校文科乙類、京都帝国大学法学部卒業。1933年、父と同じ弁護士になった後、司法官試補として仙台地裁で勤務するも、1年後に父親が死去したことで再び弁護士に[1]

戦後、「食えないため」明大の講師をしたこともある[1]。日弁連事務総長や法制審議会国際私法部会委員などを務めた[1]

1975年8月に最高裁判事に就任[1]。就任時には「36年間、庶民の相談相手として養った感覚については、いささかの自負をもっています」「弁護士出身の裁判官として責任を感じます」と挨拶[1]

1979年3月に定年退官[2]

長男も弁護士で三代続く法曹一家[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)199頁
  2. ^ a b 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)200頁