メインメニューを開く

本田 家吉(もとだ いえよし)は、戦国時代武将尼子氏の家臣。

 
本田家吉
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 四郎左衛門尉
官位 豊前守
主君 尼子晴久義久
氏族 本田氏
与次郎

生涯編集

始めは尼子晴久に仕える。主に内政にその手腕を見せ、尼子晴久が中国地方の大大名として地位を確立した際に出雲国奉行衆に任ぜられる。この中で天文年間に発行された大半の奉行人連署書状に「本田豊前守家吉」の名が「佐世伊豆守清宗」、「立原備前守幸隆」等の尼子氏重臣と並んで多く見えることからも、尼子家臣としてはの地位は高い方に位置されていた。奉行衆自体は尼子宗家の専制を強化する為に晴久が作り出した機構であり、これは富田衆と呼ばれる尼子氏直臣が任ぜられていることが多いが、家吉自身は晴久に取り立てられた将である。

家吉は晴久から信頼されていたらしく、嫡男・義久の守役に任命されている。また、新宮党粛清や宇山久兼誅殺の際には実行者として参加したと軍記物には記されている。

後に尼子氏滅亡の時には、義久が安芸国へ護送される時にも同行が許され、安芸長田にて死去したという。