本間 精一郎(ほんま せいいちろう、天保5年(1834年) - 文久2年閏8月20日1862年10月13日))は、越後国三島郡寺泊(現新潟県長岡市)出身の勤皇の志士

本間精一郎遭難の地 京都三条木屋町下ル

人物編集

本間は早くから江戸や京で学び、尊王攘夷の思想に目覚める。彼の一族は、日本海側の人々の中でも裕福な家系で、佐渡奉行や大商人とつながっている。

本間は故郷越後から江戸に出て庄内藩清河八郎らと親交を結び、清河より一足早く京に上って、薩摩土佐に倒幕を説いた。しかし、利発で勝気な気性の彼は論争に強く自己の実績を過大に喧伝していたため、薩摩や土佐の貧しい出の浪士たちや、彼の存在を疎ましく思う同志が、彼にしこたまの酒を飲ませてからの殺害を企てた。その計画にまんまとはまり、同志の凶刃に斃れることとなった(実行者は田中新兵衛岡田以蔵と言われる)。そのため、彼の力量、評価に値する成果を残さなかった。本間精一郎が落命した場所には、本間精一郎殉難の地という石碑が建てられている(京都市中京区先斗町)。

本間の死後、維新を成し遂げた明治新政府は彼を従五位に追叙した(本間以外にも長州の吉田松陰久坂玄瑞など幕末に斃れた同志に対して明治新政府より官位が追叙されている)。

本間精一郎が登場する作品編集

関連編集

外部リンク編集