メインメニューを開く

朱 友諒(しゅ ゆうりょう、? - 921年)は、後梁の初代皇帝朱全忠の甥。 父は朱全昱

略歴編集

初め、叔父から衡王に封じられた。後に広王に転封される。904年正月、朱全忠と共に従弟の朱友倫の仇討ちと称して、唐の宰相崔胤の自邸を包囲し、崔胤とその妻子、孫らを皆殺しとした。しかし法に背く行動が多く、921年、実弟の朱友能の謀反に連座し、従弟の末帝によって、もう一人の弟の朱友誨と共に捕らえられ処刑された。

史料編集

旧五代史』(梁書巻十二 宗室列伝)

友諒,全昱子,初封衡王,後嗣廣王。繼歴藩郡,多行不法。坐弟友能反,廢囚京師。唐師入汴,與友能、友誨同日遇害。