朽木 智綱(くつき ともつな)は、江戸時代前期の交代寄合

 
朽木智綱
時代 江戸時代前期
生誕 慶長3年(1598年
死没 寛文11年6月8日1671年7月14日
改名 竹若丸(幼名)→茂綱(初名)→智綱
別名 権佐(通称)、立斎、好斎(号)
幕府 江戸幕府
氏族 朽木氏
父母 父:朽木宣綱
母:マグダレナ(京極高吉の娘)
兄弟 智綱京極高通良綱元綱大島義唯室、岡本介球室、川口宗次室、高麗道覚
正室:竹中重門の娘
定朝
テンプレートを表示

生涯編集

朽木宣綱の長男。寛永11年(1634年)3月26日はじめて3代将軍徳川家光に謁見する。万治2年(1659年)12月23日に家督を相続して、父の遺領のうち弟の良綱に1000石、元綱に700石をそれぞれ分与し、残りの4770余石を知行した。寛文8年(1668年)12月14日に隠居し、子の定朝に家督を譲った。また同月23日、相州行光の脇差を献上している。寛文11年(1671年)6月6日、朽木にて没した。享年74。法名紹心。

参考文献編集