朽木 定朝(くつき さだとも)は、江戸時代前期の旗本

 
朽木定朝
時代 江戸時代前期
生誕 慶安4年(1651年
死没 宝永5年閏1月4日1708年2月25日
改名 犬松(幼名)→ 亮綱(初名)→ 定朝
別名 監物(通称)
幕府 江戸幕府
氏族 朽木氏
父母 父:朽木智綱、母:不明
兄弟 左兵衛、定朝
正室:大嶋義近の娘
周綱衆綱、娘(多羅尾光頭室)
テンプレートを表示

生涯編集

寛文元年(1661年)8月26日はじめて4代将軍徳川家綱に謁見する。寛文8年(1669年)12月14日家督を相続する。宝永5年(1708年)閏1月4日、朽木において死去。享年58。法名良英。

参考文献編集