メインメニューを開く

朽網 鎮房/鑑房(くたみ しげふさ/あきふさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大友氏の家臣。

 
朽網鑑房
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
別名 内蔵丞
主君 大友義鎮(宗麟)
氏族 朽網氏
父母 父:朽網鑑康
兄弟 鎮則鑑房、内記
徳子蒲池鎮漣娘)
宗壽

兄・朽網鎮則と共に大友義鎮(宗麟)から偏諱を賜って鎮房を名乗る(鑑房の名はのちに父・鑑康から1字取って改名したものと思われる)。しかし、父鑑康は島津氏との抗争の間に病死、兄鎮則は島津氏に内通したとして粛清され、鑑房は浪々のまま豊後国玖珠郡で不遇のうちに死去した。

妻は蒲池鎮漣の娘の徳子。子の宗壽は、母徳子の菩提寺崇久寺の食客となり蒲池姓を名乗る。