メインメニューを開く

蒲池 徳子(かまち のりこ、永禄9年(1566年) - 寛永9年(1632年))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての女性。徳姫。父は蒲池鎮漣。母は赤星統家の娘。弟妹に久鎮(宗虎丸、蒲池統虎)、経信首藤鑑続石井孫兵衛室がいる。朽網鑑房の室。子に宗壽

生涯編集

天正9年(1581年)、肥前国龍造寺隆信により父鎮漣が謀殺され、それに続く柳川の戦いでの柳川城の落城の際、乳母達に守られ、辛くも長崎の有馬晴信の下に落ち延びた。その後、豊後国に移り大友氏家臣・朽網鑑房の妻となり、宗壽をもうけた。

現在、柳川市西蒲池にある崇久寺には、「見性院心空妙安大姉蒲池徳女」と刻まれた自然石の徳子の碑がある。