メインメニューを開く

杉原厚吉

日本の数学者、工学者

杉原 厚吉(すぎはら こうきち、1948年6月29日[1]- )は、日本の数学者工学者であり、東京大学名誉教授、明治大学教授を務めている。

杉原 厚吉
(すぎはら こうきち)
生誕 1948年
日本の旗 日本 岐阜県
国籍 日本の旗 日本
研究分野 数理工学
計算幾何学
研究機関 東京大学
電子技術総合研究所
名古屋大学
明治大学
出身校 東京大学
主な業績 錯視の研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

人物編集

岐阜県生まれ。1971年東京大学工学部計数工学科卒業、73年同大学院工学系研究科計数工学専門課程修士課程修了、工学部助手、7月通商産業省電子技術総合研究所研究官、80年東京大学工学博士、81年名古屋大学工学部情報工学科助教授、86年東京大学工学部助教授、91年教授、2001年同情報理工学系研究科数理情報学専攻教授、2009年4月より明治大学研究・知財戦略機構特任教授。

専門は数理工学計算幾何学。普通のグラフィックスの数理の他、だまし絵錯視といった普通でないグラフィックスの数理による研究(特に、不可能図形の一種の「不可能立体」の実体化に関するものが近年は多い)も行っており「図形計算コンサルタント」という自称もある。

著書編集

  • Machine interpretation of line drawings MIT Press, 1986. -- (The MIT Press series in artificial intelligence)
  • 不可能物体の数理』森北出版 1993
  • 計算幾何工学』培風館 1994
  • 『理科系のための英文作法 文章をなめらかにつなぐ四つの法則』中公新書 1994
  • 『グラフィックスの数理』共立出版 1995
  • 『だまし絵であそぼう』岩波書店(科学であそぼう 1997
  • FORTRAN計算幾何プログラミング』岩波書店 1998
  • トポロジー朝倉書店 2001   
  • 『どう書くか 理科系のための論文作法』共立出版 2001
  • 『データ構造とアルゴリズム共立出版 2001
  • 『立体イリュージョンの数理』共立出版 2006
  • 『形と動きの数理 工学の道具としての幾何学』東京大学出版会 2006
  • 『へんな立体 脳が鍛えられる「立体だまし絵」づくり』誠文堂新光社 2007
  • 『数式を読みとくコツ 「数式は哲学だ」と割り切ってみよう』日本評論社 2008
  • 『すごくへんな立体 「立体だまし絵」づくりでエッシャーの世界を体感する!』誠文堂新光社 2008
  • 『だまし絵の描き方入門 エッシャーの描法で不思議な絵が誰でも描ける』誠文堂新光社 2008
  • 『なわばりの数理モデル ボロノイ図からの数理工学入門』共立出版 2009
  • タイリング描法の基本テクニック エッシャーの技法で不思議な絵を描く』誠文堂新光社 2009
  • 『大学教授という仕事』水曜社、2010
  • 『だまし絵のトリック 不可能立体を可能にする』化学同人 2010
  • 『まさか?のへんな立体 「ありえない動き」の立体だまし絵に驚く!』誠文堂新光社 2010
  • 『エッシャー・マジック だまし絵の世界を数理で読み解く』東京大学出版会 2011
  • 『だまし絵の不思議な世界 誰でも描ける・へんな立体が作れる』誠文堂新光社 子供の科学・サイエンスブックス 2011
  • 『錯視図鑑 脳がだまされる錯覚の世界』誠文堂新光社 2012
  • 『だまし絵と線形代数共立出版・シリーズ・現象を解明する数学 2012
  • 『超ふしぎ体験!立体トリックアート工作キットブック』1-3 金の星社 2012-14
  • 計算幾何学朝倉書店 数理工学ライブラリー 2013
  • 『トリック迷路』永井もりいち絵 幻冬舎エデュケーション 2013
  • 『スウガクって、なんの役に立ちますか? ヘタな字も方向オンチもなおる!数学は最強の問題解決ツール』誠文堂新光社 2017

共編著編集

翻訳編集

出演編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』