杉原 長房(すぎはら ながふさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名豊臣秀吉の一門衆。豊後国杵築城主から但馬国豊岡亀城主に転じて、豊岡藩初代藩主となった。

 
杉原長房
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正2年(1574年
死没 寛永6年2月4日1629年2月26日
別名 弥兵衛、伯耆守(通称
戒名 花岳院殿心達道無大居士
墓所 東京都港区三田林泉寺
官位 従五位下伯耆守
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠家光
但馬豊岡藩
氏族 杉原氏
父母 杉原家次浅野長政
兄弟 雲照院長房
浅野長政娘・栄雲院
重長長俊北条氏重正室、
浅野長政養女、長晴院、堀親昌正室、
浅野長晟養女、竹中重常正室、
青山幸通継室、上田重安正室
テンプレートを表示

経歴編集

天正2年(1574年)、羽柴秀吉(豊臣秀吉)の家老・杉原家次の長男として近江国小谷で生まれた[1]。母は某氏。秀吉の妻・北政所(高台院)の従弟にあたる。木下延俊小早川秀秋らの母は実の姉である。

幼くして両親と離れ、浅野長政に育てられた[1]。天正12年(1584年)の父・家次の死去により、家督を継いだと思われるが、定かではない[2]。家次が預かっていた坂本城主には長政がなっている。

天正14年(1586年)より秀吉に仕えて、摂津の西代・尻池の地[3]を与えられた[1][2]

天正17年(1589年)、従五位下伯耆守に叙任された[1][2]文禄元年(1592年)の文禄の役では肥前名護屋城に駐屯した[2]。文禄2年(1593年)閏9月12日、3,000石を加増される[2]

慶長元年(1596年)、坂本[4]から豊後国速見郡へ移封されて、杵築城(木付城)主とされた[2]

慶長3年(1598年)には但馬国豊岡城(亀城)へ移封され、播磨三木城城代を兼ね、知行は3万石(城崎郡2万石、美含郡内1,000石、気多郡内1,000石、常陸小栗庄5,000石、近江内1,000石)[2]

同年8月の秀吉の死で、遺物金15枚を受領。

慶長4年(1599年)正月、豊臣秀頼に伺候[2]。同年2月、播磨三木郡の代官を務めた[2]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に与して、細川幽斎が守る丹後田辺城を攻めたが、東軍に内通し[1]、浅野長政の聟で、かつ北政所の従弟に当たることからか、戦後も所領を安堵された[2]

慶長16年(1611年)に長政が亡くなると、遺言によって常陸小栗庄5,000石を分与された[1]

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では酒井忠世の組(徳川秀忠旗本衆)に属して従軍。翌慶長20年の夏の陣でも同じ組で、首級19を挙げた[1]

寛永6年(1629年)、56歳で死去し、跡を長男の重長が継いだ。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 堀田 1923, p. 669.
  2. ^ a b c d e f g h i j 高柳 & 松平 1981, p. 128.
  3. ^ 「西代」と「尻池」は共に兵庫県神戸市内にある地名。
  4. ^ 坂本城は天正14年に廃城。

参考文献編集