メインメニューを開く

杉木 優子(すぎき まさこ、活動名:ゆう)は、日本サイエンスプロデューサーである。米村でんじろうのサイエンスショーにて、アシスタントを務める一方で、独自のサイエンスショーの開催するなどの活動をしている。

目次

来歴編集

富山県生まれ[1]。新潟大学理学部物理学科卒業後、富山県立高校の教員として採用される[1]。富山県立富山女子高等学校(現:富山県立富山いずみ高等学校)で物理の教師をしながら[1]、「圧縮爆発装置」や「無電源選局付きAMゲルマニウムラジオ」などを題材とした科学実験に取り組み、授業に活かした。青少年のための科学の祭典にも参加する。また東京で行われていた理科教師による科学実験サークルであるガリレオ工房の例会にも頻繁に参加していた[2]

1998年3月に高校教師を辞し、サイエンスプロデューサーになるため上京する[2]。島津理化にてサイエンスアドバイザーとして嘱託契約し、主に科学技術館で活動した。その後2000年に独立し、サイエンスプロダクションであるア・メイズの設立に参加した。

主な著作編集

論文・解説編集

  • 「ガリレオ工房の科学がおもしろい--第2のスタ-ト--サイエンスプロデューサーをめざして」『数学セミナー』第37巻第8号、日本評論社、1998年8月、 62-65頁、 NAID 40004890527

単著編集

  • 『音のすがたをみつけよう : 手づくり楽器で音の実験』ポプラ社〈ガリレオ工房のおもしろ実験クラブ〉、1999年。ISBN 978-4-591-05986-9

共著編集

主な出演テレビ番組編集

脚注編集

参考文献編集

  • 杉木 優子「ガリレオ工房の科学がおもしろい--第2のスタ-ト--サイエンスプロデューサーをめざして」『数学セミナー』第37巻第8号、日本評論社、1998年8月、 62-65頁、 NAID 40004890527
  • 滝川 洋二「ガリレオ工房の科学がおもしろい--ガリレオ工房の夢」『数学セミナー』第38巻第3号、日本評論社、1999年3月、 66-70頁、 NAID 40004890597
  • 『音のすがたをみつけよう : 手づくり楽器で音の実験』ポプラ社〈ガリレオ工房のおもしろ実験クラブ〉、1999年。ISBN 978-4-591-05986-9