杉本城

杉本城(すぎもとじょう)とは、日本にあった日本の城のひとつ。

目次

相模国の杉本城編集

相模国における杉本城は、三浦氏棟梁である三浦義明の長子で杉本氏 杉本義宗三浦半島を出て鎌倉郡杉本郷に居を構えて築城した。同地は三浦氏の勢力下で六浦道を抑える要衝であった。義宗は三浦氏の勢力が及ぶ安房国水軍率いて出陣し、長狭常伴と合戦に及び待ち構えていた長狭勢からの矢傷が原因で杉本城内で亡くなるが、その後、義宗の長子、和田義盛三浦郡和田郷に拠点を構え、義宗の次男、義茂が入城し、杉本の家督と城を守った。

その後、源頼朝伊豆蛭ヶ小島挙兵し、治承・寿永の乱が起きると、三浦一族は源氏方についたものの、頼朝勢が大庭景親勢と激突した石橋山の合戦で敗北した後、鎌倉由比ヶ浜平家方畠山重忠が進駐してきたが、三浦氏は畠山氏と姻戚関係にあるため、すぐさま合戦にはならなかったが、畠山勢の三浦勢攻撃と誤解した義茂は杉本城内から畠山勢に攻めかかり、合戦に及ぶなど杉本城は治承・寿永の乱(源平合戦)における軍事拠点として重要な役割を果たしている。

その後、杉本城は鎌倉時代末期頃、堀切及び溜池、詰の場所等が設けられ、搦め手は瑞泉寺まで達し、武家の都ともいうべき鎌倉郷内の重要な城郭として存続したが、南北朝時代北朝方(足利方)の奥州総大将 斯波家長朝夷奈切通から攻め入った杉本城の戦い陸奥将軍府 北畠顕家に敗れ、城兵ことごとく討ち死にし、杉本城は落城の憂き目にあった。その後、杉本城は歴史に登場することなく、現存する杉本寺境内に城跡としてその痕跡を残すのみとなっている。

越中国の杉本城編集

越中国における杉本城は、新川郡滑川郷における城郭のひとつで、築城年は不明であるが、鎌倉幕府が滅亡した後、建武2年(1335年)、北条得宗家の遺児 北条時行を奉じた諏訪頼重が蜂起し、中先代の乱起こると、越中国の北条残党 名越時兼が蜂起し、反乱軍の巣窟となったのが、越中国の杉本城であった。この時、名越時兼は越中をはしめ、加賀能登など近在・隣国で新政に不満を持つ武士を結集し挙兵に及び、松倉城を守る椎名六郎入道に攻めかかったという。

筑後国の杉本城編集

筑後国における杉本城は、同国朝倉郡における城郭のひとつ。筑後国の有力国人領主 秋月氏鎌倉時代に築城した城郭のひとつで後の秋月城の前進となった城郭である。原田氏の一門 秋月種雄建仁3年(1203年)に築城。杉本城築城当時は、荒平城など多く城郭があり、秋月氏の勢力拠点の一翼を担った。戦国時代秋月種実豊臣秀吉九州征伐に敗れ、日向国高鍋に移封されると、廃城となり、現在は城跡が残されている。

関連項目編集