斯波 家長(しば いえなが)は南北朝時代武将斯波高経の長男。

 
斯波 家長
時代 南北朝時代
生誕 元応2年(1321年
死没 延元2年/建武4年12月25日1338年1月16日
別名 孫二郎(仮名)、志和三郎、尾張弥三郎
官位 陸奥守
主君 足利尊氏
氏族 斯波氏
父母 父:斯波高経
兄弟 家長氏経氏頼義将義種
詮経[1]

生涯編集

父と共に一門として足利尊氏に仕えた。中先代の乱の後、尊氏が建武の新政に反抗し争乱が勃発すると北朝の北畠顕家に対抗するため、建武2年(1335年奥州管領任ぜられた[2]。この時斯波館(岩手県紫波郡)に下向したという。尊氏が箱根・竹ノ下の戦いで征東軍を破り上洛する際、鎌倉に残した嫡男義詮執事に任ぜられた。顕家が南下を開始すると後を追ったものの食い止めるのに失敗し[3]、京都において尊氏が敗走する原因を作ってしまった。延元元年/建武3年(1336年)蜂起した北条氏残党を討伐した[4]豊島河原合戦で尊氏を破った北畠顕家が奥州へ帰還するため東海道を行軍すると妨害したが、破られた[5]延元元年/建武3年から翌年にかけて、奥州行方郡、鎌倉正続院領信濃村、駿河安部郷、常陸中郡荘、下総相馬郡、相模光明寺領、鎌倉円覚寺、甲斐大善寺などに関する文書を発給している。

延元2年/建武4年(1337年)尊氏は九州を制し再び上洛、北朝を立てた尊氏を討伐するため、再び大軍を率いて南下してきた顕家を鎌倉で迎え撃つが、敗北し戦死した(杉本城の戦い[6]。17歳だったという。

なお、後任の奥州総大将と関東執事には石塔義房上杉憲顕が派遣された。奥州総大将と関東執事は後に奥州管領、関東管領にそれぞれ発展する。

高水寺斯波氏は家長の後裔を称した。

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈
  2. ^ 『大日本史料』第6編2冊587頁。「南方紀伝」「奥相秘鑑」
  3. ^ 『大日本史料』第6編2冊825頁。
  4. ^ 『大日本史料』第6編2冊825頁。
  5. ^ 『大日本史料』第6編3冊310頁。「相馬岡田文書」
  6. ^ 『大日本史料』第6編4冊453頁。

参考文献編集