杉本 正志(すぎもと まさし、1967年1月17日 - )は、大阪府松原市出身の元プロ野球選手投手)。1988年から1992年までの登録名は杉本 征使(読み同じ)。

杉本 正志
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府松原市
生年月日 (1967-01-17) 1967年1月17日(53歳)
身長
体重
187 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

箕島高校では同期の嶋田章弘とともに投の二本柱として活躍。3年生時の1984年には、夏の甲子園県予選準決勝で大成高に完封勝ち。決勝は左翼手に回り、嶋田が和歌山工を完封して夏の甲子園出場を決める。甲子園では2回戦(初戦)で、この大会に優勝した取手二高と対決。3点をリードした8回裏に先発の嶋田が崩れ、急遽救援に立つが、3-5で逆転負けを喫する[1]

その後は松田清が開設した松田野球塾を経て、同年のドラフト1位で広島東洋カープに入団。しかし1985年6月に離断性骨軟骨炎で右ひじを手術、シーズン終盤には復帰するが一軍登板には届かなかった。

1989年11月に、高橋慶彦白武佳久と共に、高沢秀昭水上善雄との3対2の交換トレードでロッテオリオンズに移籍。1991年11月には自由契約となりオリックス・ブルーウェーブに移籍。1992年限りで現役引退。

プロ入り初年度の右ひじ手術以降も故障に苛まれ続け、結局は一軍登板なしに終わった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 35 (1985年 - 1989年)
  • 32 (1990年 - 1991年)
  • 65 (1992年)

登録名編集

  • 杉本 正志 (すぎもと まさし、1985年 - 1987年)
  • 杉本 征使 (すぎもと まさし、1988年 - 1992年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集