メインメニューを開く

全国高等学校野球選手権和歌山大会

全国高等学校野球選手権和歌山大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんわかやまたいかい)は、1915年から和歌山県で開催されている夏の甲子園地方大会。第1回大会は関西大会で開催され、第2回大会から第59回大会(大会回数下1桁が0か5の記念大会を除く)までは紀和大会に参加していた。

現在は、和歌山県高野連加盟39校で競われている。

目次

概要編集

2008年度より大成高校が統合により、海南高校大成校舎になったため、第90回記念大会は海南・大成連合チームとして参加。現在は海南高校として参加。一方、日高高等学校は本校と中津分校が別個に出場している。

エピソード編集

  • 智弁和歌山、市立和歌山(旧 市和歌山商)、和歌山商業(旧 県和歌山商)、日高中津、南部、田辺、伊都、和歌山工などの強豪校、箕島、桐蔭(旧 和歌山中)、向陽(旧 海草中)、新宮、高野山などの古豪がひしめき合う、少数激戦区で知られる。また、甲子園出場経験のない高校が決勝に進出するケースも多く見られる。
  • 大会回数の下1桁が0か5の記念大会時は、外野フェンスに出場校の校旗が張られていたが(90回記念大会時は外野席奥の壁に張られた)、91回大会から常時外野席奥の壁に張られている。
  • 2006年紀三井寺球場ナイター設備が完成された事により、夏の和歌山大会でもナイターが可能となった。和歌山大会記念すべき初ナイターは国際開洋二-田辺工
  • 2007年の第89回大会は当初7月13日開幕だったが、折からの梅雨台風の影響で開会式と開幕戦が中止となった(和歌山大会史上21年ぶりの中止)。続く14日も台風接近の為に中止(2日間連続中止は和歌山大会史上24年ぶり)、2日順延後の7月15日から開会式と開幕戦の1回戦2試合がようやく行われた。
  • 毎年この大会では、開会式で使う始球式ボール朝日新聞社ヘリコプターからグラウンドへ投下するが、2007年第89回大会では投下したボールが強風にあおられてしまい、球場外に落下するというハプニング2013年の第95回記念大会ではバックネットにひっかかるハプニングがそれぞれあった。
  • 審判員審判服は、第80回記念大会より現在のスタイル(球審は第80回記念大会までアウトサイドプロテクター)。第97回大会より、スラックスチャコールグレーに変更。
  • 2010年の第92回大会は7月11日に開幕。開会式後に2試合を消化したが、翌日から雨により3日連続全試合中止。3日連続中止は1965年以来45年ぶり。
  • 2013年の第95回記念大会3日目第4試合、智弁和歌山-市立和歌山は、3連休の中日かつ1回戦屈指の好カードだけあって、内野席・アルプス席とも満席となり、急きょ外野席も途中開放して試合を行った。

使用球場編集

現在編集

過去編集

※県営向ノ芝球場は既に撤去されており、跡地が和歌山県立体育館となっている。

大会結果編集

年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考
1958年(第40回大会 海南 6 - 2 田辺
1963年(第45回大会 南部 1x - 0 向陽
1968年(第50回大会 星林 3 - 0 県和歌山商
1973年(第55回大会 箕島 2 - 1 和歌山工
1978年(第60回大会 箕島 5 - 0 吉備
1979年(第61回大会 箕島 5 - 1 田辺商
1980年(第62回大会 箕島 2 - 0 伊都
1981年(第63回大会 和歌山工 4 - 1 海南
1982年(第64回大会 南部 3x - 2 新宮 延長12回
1983年(第65回大会 箕島 3 - 1 吉備
1984年(第66回大会 箕島 8 - 0 和歌山工
1985年(第67回大会 和歌山工 2 - 1 田辺
1986年(第68回大会 34 桐蔭 5 - 3 箕島
1987年(第69回大会 34 智辯和歌山 2x - 1 吉備
1988年(第70回大会 34 高野山 6 - 2 箕島
1989年(第71回大会 34 智辯和歌山 2x - 1 桐蔭 延長13回
1990年(第72回大会 37 星林 3 - 2 南部
1991年(第73回大会 37 智辯和歌山 8 - 4 星林
1992年(第74回大会 37 智辯和歌山 7 - 2 日高中津
1993年(第75回大会 37 智辯和歌山 2 - 1 和歌山工
1994年(第76回大会 市和歌山商 5 - 4 日高中津
1995年(第77回大会 田辺 7 - 1 高野山
1996年(第78回大会 智辯和歌山 10 - 4 伊都
1997年(第79回大会 36 智辯和歌山 3 - 2 日高中津
1998年(第80回大会 智辯和歌山 8 - 7 星林
1999年(第81回大会 智辯和歌山 6 - 3 南部
2000年(第82回大会 智辯和歌山 5 - 2 南部
2001年(第83回大会 初芝橋本 3 - 2 南部 延長12回
2002年(第84回大会 智辯和歌山 8 - 2 日高中津
2003年(第85回大会 智辯和歌山 10 - 1 国際開洋二
2004年(第86回大会 市和歌山商 6x - 5 日高 延長12回
2005年(第87回大会 40 智辯和歌山 12 - 6 笠田
2006年(第88回大会 40 智辯和歌山 6 - 1 田辺
2007年(第89回大会 39 智辯和歌山 4 - 1 高野山
2008年(第90回大会 39 智辯和歌山 5 - 3 日高中津
2009年(第91回大会 39 智辯和歌山 3 - 0 南部
2010年(第92回大会 40 智辯和歌山 6 - 3 向陽
2011年(第93回大会 40 智辯和歌山 7 - 1 市和歌山
2012年(第94回大会 40 智辯和歌山 4 - 2 那賀 延長14回
2013年(第95回大会 39 箕島 10 - 1 南部
2014年(第96回大会 39 市和歌山 3x - 2 智辯和歌山 延長12回
2015年(第97回大会 39 智辯和歌山 2 - 0 和歌山商
2016年(第98回大会 39 市和歌山 2 - 0 箕島
2017年(第99回大会 39 智辯和歌山 3 - 2 紀央館
2018年(第100回大会 39 智辯和歌山 7x - 6 市和歌山

和歌山代表の学校別データ編集

和歌山県代表は、夏の選手権大会では合計7回の全国大会(中等学校大会の優勝4回を含む)を誇る。

ここでは、和歌山県代表として全国大会で優勝・準優勝した回数、及び全国大会に出場した回数の多い学校順に列記する。また、出場回数及び勝利回数等も併記する。

赤字はその項目の最高成績、青字はその項目の次点を示す。

全国大会
優勝回数
全国大会
準優勝回数
校名 県(旧関西・紀和)大会優勝・
全国大会出場回数
勝敗 勝率 備考
2回 1回 智辯学園和歌山高等学校 22回 29勝15敗 6割5分9厘
2回 3回 和歌山県立桐蔭高等学校(旧 和歌山中) 20回 32勝18敗 6割4分 大会2連覇達成
2回 1回 和歌山県立向陽高等学校(旧 海草中) 7回 14勝5敗 7割3分7厘 大会2連覇達成
1回 0回 和歌山県立箕島高等学校 7回 13勝6敗 6割8分4厘
0回 0回 和歌山県立新宮高等学校 5回 5勝5敗 5割
0回 0回 和歌山県立海南高等学校(旧 海南中) 4回 5勝4敗 5割5分6厘
0回 0回 和歌山県立和歌山商業高等学校(旧 和歌山商→県和歌山商) 4回 4勝4敗 5割
0回 0回 和歌山市立和歌山高等学校(旧 市和歌山商) 4回 4勝3敗 5割7分1厘
0回 0回 和歌山県立和歌山工業高等学校 2回 3勝2敗 6割
0回 0回 和歌山県立星林高等学校 2回 2勝2敗 5割
0回 0回 和歌山県立南部高等学校 2回 1勝2敗 3割3分3厘
0回 0回 高野山高等学校(旧 高野山中) 1回 0勝1敗 -
0回 0回 和歌山県立田辺高等学校 1回 0勝1敗 -
0回 0回 初芝橋本高等学校 1回 0勝1敗 -
優勝大会
各高校別全国ランキング
  • 優勝回数
  • 和歌山県立桐蔭高等学校 - 優勝2回で全国6位タイ
  • 和歌山県立向陽高等学校 - 優勝2回で全国6位タイ
  • 智辯学園和歌山高等学校 - 優勝2回で全国6位タイ
  • 和歌山県立箕島高等学校 - 優勝1回で全国17位タイ
  • 勝利回数
  • 和歌山県立桐蔭高等学校 - 勝利32回で全国10位
  • 智辯学園和歌山高等学校 - 勝利28回で全国11位
  • 和歌山県立向陽高等学校 - 勝利14回で全国47位タイ
  • 勝率
  • 和歌山県立向陽高等学校 - 勝率7割3分7厘で全国27位
  • 和歌山県立箕島高等学校 - 勝率6割8分4厘で全国50位
和歌山県勢全国ランキング
  • 優勝回数
  • 優勝7回で全国2位タイ
  • 勝利回数
  • 勝利111回で全国6位
  • 勝率
  • 勝率6割2分7厘で全国3位

放送体制編集

優勝校の監督・主将へのインタビューは3局持ち回りで担当する。

民放編集

テレビ和歌山とWBS和歌山放送ラジオ局)が放送。テレビ中継にいたっては1971年から放送を開始(当時はモノクロで準決勝からの中継)、翌1972年からカラー放送に変わり、1974年からは全試合を生中継で放送されている。[要検証]かつて夏の甲子園の地方大会を、テレビ・ラジオ共全試合完全実況生中継で行っていたのは、2007年まで和歌山大会のみであった[2]

  • 第89回大会は開幕第2戦橋本-神島(午後5時20分開始)が延長戦にもつれ込み、延長14回裏神島の攻撃中の午後8時45分をもって実況中継が終了となった(新聞の番組欄には試合終了まで中継と記されていたが、この試合以後、最大延長午後8時45分までと記されるようになった)。結果は15回引き分け。翌7月14日第4試合に再試合となり、結果は7対1で神島が勝った[3]
  • テレビ和歌山では、試合が行われた日の午後9時(日曜日は午後10時)から「高校野球ワイドニュース」を放送し[4]、試合のダイジェストや高校野球メモリーボックス(過去の和歌山大会の名場面やOBの思い出)を伝える。なお、2007年から「高校野球ワイドニュース」は、「めざせ甲子園」と番組名を改め、放送時間も月曜日から土曜日までは夜10時から、日曜祝日は夜10時半からにそれぞれ変更された。2018年からは月曜日から土曜日は午前0時から、日曜祝日は午前0時半からに再び変更となった。
  • 1回戦から決勝戦までの全試合、スタンドの応援席からリポートを行っていたが、2007年からは3回戦からに変更となり、2013年からは準決勝からに再変更され、2018年から再び3回戦からに変更された。
  • 和歌山放送では、午後7時に中継が打ち切られることがある。
  • 中継映像がセンターからホーム方向になったのは、1981年第62回大会から。それまではバックネット裏からセンターへの映像。
  • 前述のテレビ和歌山による中継を収録したDVD版が発売されている[5]
  • 2018年は「バーチャル高校野球」内でテレビ和歌山制作の中継が1回戦から配信される。
テレビ実況アナウンサー
過去に実況をしていたアナウンサー
解説者
過去の解説者
ラジオ実況アナウンサー
  • 平井理弘
  • 北尾博伸(ここ数年は決勝戦担当のアナウンサーとなることが多い)
  • 林真一郎
  • 川井淳史(2012年デビュー)
  • 牛尾淳(元ラジオ関西
  • 大前一樹
  • 中島原野
  • 藤原健一
  • 川村賢治
  • 滝口久
  • 村田匡輝
  • 桐山隆

NHK編集

NHK和歌山放送局では開会式および準決勝以降を生中継で放送する。2011年まで決勝は近畿地方全域に中継されていた。総合で準決勝が放送できない場合、ラジオ(FM放送)で中継する場合がある。

脚注編集

  1. ^ 最後の大会、没収試合で敗退 統廃合される和歌山・伊都2016年7月17日、朝日新聞
  2. ^ 2008年以降は、奈良大会奈良テレビ放送が全試合を、テレビで完全実況生中継している。但し、2011年以後、1-2回戦についてはフルセグでの放送はなく、ワンセグマルチチャンネル「ならセグ」、および近鉄ケーブルネットワークeo光テレビこまどりケーブルKCN京都は対象外)にて中継
  3. ^ 第89回大会朝日新聞デジタル
  4. ^ 第226回番組審議会議事録テレビ和歌山公式サイト
  5. ^ 第99回全国高等学校野球選手権和歌山大会テレビ和歌山公式サイト

関連項目編集

外部リンク編集