メインメニューを開く

杉村 靖彦(すぎむら やすひこ、1965年12月19日 - )は、日本の哲学者京都大学大学院文学研究科教授。専門はフランス哲学や京都学派を中心とする宗教哲学博士文学)(京都大学、1996年)。大阪府出身。

来歴編集

ポール・リクールの思想を研究。パリ第一大学、パリ・カトリック学院に留学し、ジャン・グレーシュの指導を受け、リクール本人とも交友を持つ。現在は、ナベールレヴィナスなどのフランス現代哲学と京都学派を発想源に宗教哲学研究を行っている。京都大学での指導教官は上田閑照長谷正當

略歴編集

1988年京都大学文学部哲学科卒業、1993年パリ第1大学にてDEA取得、1994年京都大学大学院文学研究科宗教学専攻博士課程単位取得退学、1996年「意味の探索 -ポール・リクールの思想」で京都大学文学博士。1998年京都大学文学研究科助教授、2007年准教授。2017年教授

受賞歴編集

  • 1998年 『ポール・リクールの思想――意味の探索』により日本宗教学会賞を受賞。
  • 2010年 パリ・プロテスタント学院神学部より名誉博士号を授与される。

著書編集

  • 『ポール・リクールの思想――意味の探索』創文社、1998年
  • (共編著)Philosophie japonaise. Le néant, le monde et le corps, Paris, J.Vrin, 2013年

翻訳編集

  • ドミニク フォルシェー『年表で読む 哲学・思想小事典』菊地伸二,松田克進共訳 白水社、2001年
  • ジャン グレーシュ『『存在と時間』講義―統合的解釈の試み』松本直樹,重松健人,関根小織,鶴真一,伊原木大祐,川口茂雄共訳 法政大学出版局、2007年
  • ジャン・グロンダン『ポール・リクール』白水社・文庫クセジュ 2014年
  • ジャン・ナベール『悪についての試論』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2014年

論文編集

外部リンク編集