杉森孝次郎

杉森 孝次郎(すぎもり こうじろう、1881年明治14年)4月9日 - 1968年昭和43年)12月8日)は日本の評論家政治学者社会学者。旧姓は白松(しろまつ)、号は南山。

人物編集

静岡県小笠郡南山村生れ。1906年(明治39年)、早稲田大学卒業。田中王堂に影響を受ける。『早稲田文学』記者の後、早稲田大学文学科の講師となる。1913年大正2年) - 1919年文部省特別留学生としてドイツイギリスに渡り、イギリス倫理思想を学ぶ。帰国後、早稲田大学文学部及び政経学部の教授を務めた。在職中は深く学生を愛し、学生が後から歩いてくると、「後進に道を譲る」といって先にいかせたというエピソードがある。戦後、駒澤大学教授を務めた。

憲法草案要綱」を作成した民間グループ、憲法研究会の7人のメンバーのうちの一人。英語が堪能だったので、憲法草案要綱をGHQに持参することになった。GHQに持参する際は英訳もつけたが、その英訳を中心に読まれたかどうかは不明である。象徴天皇制を考案した、とも言われる。

著書編集

  • 『人類の再生』東方時論社 1919
  • 『道徳的帝国の原理』熊崎武良温冬夏社 自由文化叢書 1919
  • 『社会人の誕生』隆文館 1922
  • 『神になる意志』近代名著文庫刊行会 1923
  • 『国家の明日と新政治原則 社会国家への主張』早稲田大学出版部 1923
  • 『社会進歩の純粋原則』内外出版 1924
  • 『性意識の哲学化』黎明社 1924
  • 『社会学』早稲田大学出版部 1927
  • 『英雄論』改造社 1929
  • 『綜合倫理学』早稲田大学出版部 1929
  • 『教育改造と社会改造 その時務及び基礎理論』日東書院 1931
  • 『社会倫理学概説』三省堂 1932
  • 『世界の今明日』平凡社 世界の今明日叢書 1933
  • 『行動政治哲学』中央公論社 1937
  • 『国際日本の自覚 東亜に先進する者の義務』理想社出版部 1937
  • 『新世界秩序への炬火』育生社弘道閣 新世代叢書 1941
  • 『新世界秩序建設の書 歴史哲学の一断想』元元書房 1942
  • 『建設倫理学』早稲田大学出版部 1943
  • 『世界政治学の必然』中央公論社 国民学術選書 1943
  • 『世界共和制ヘの必然及び必要』文明協會 1946
  • 『世界人権の原則』研進社 1947

共著編集

  • 『露西亜承認論』大山郁夫共著 東方時論社 1923
  • 『社会科学辞典』編 社会思想研究所 1929
  • 『全体主義政策・綱領』中野正剛共編 育生社 1939
  • 『日本学生の理念』編 同文館 1942