メインメニューを開く

杉 興運(すぎ おきかず/おきゆき)は、戦国時代武将周防国長門国を本拠とする大内氏の家臣。杉興長(おきなが)の子、応永の乱で活躍した杉豊後入道重運の子孫[1]。「興」の字は父同様、大内義興から偏諱を賜ったものである。

 
杉興運
時代 戦国時代
生誕 生年不詳
死没 天文20年(1551年
別名 通称:弾正忠、豊後守
官位 従五位下太宰少弐
幕府 室町幕府
主君 大内義隆
氏族 杉氏
父母 父:杉興長
隆景
テンプレートを表示

生涯編集

周防国の大名・大内義隆(義興の子)に仕えて、筑前守護代を務めた[2]。居城は若杉山城主[3][1]

享禄3年(1530年)には義隆の命を受けて大内軍を率いて少弐資元を攻めるが(田手畷の戦い)、資元の家臣であった龍造寺家兼の機略の前に一敗地にまみれた。その後も大友氏などと交戦し、北九州の大内軍を任されていたと言う。

天文19年(1550年7月17日、従五位下に叙位[4]22日に太宰権少弐となる[4][5]

天文20年(1551年)、陶隆房(のちの晴賢)が謀反を起こした際には大内義隆に従ったが、義隆が大寧寺で自害した後、自身も九州糟屋浜において義隆に殉じて自害したという記録[8]と、陶軍と戦い討ち死にした記録[9]と、義隆と同行し共に切腹した記録[10]があり、定かではない[11]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『大内義隆記』異本
  2. ^ 『肥陽軍記』
  3. ^ 『大内義隆記』
  4. ^ a b c 歴名土代
  5. ^ 『大内義隆記』『大内義隆記』異本では「太宰少弐」。
  6. ^ 『続本朝通鑑参取』
  7. ^ 歴名土代』では9月死去とする。『続本朝通鑑参取』は津屋邑で死去とする。
  8. ^ 『大内義隆記』[1][4][6][7]
  9. ^ 陰徳太平記
  10. ^ 『中国治乱記』
  11. ^ 『広報すえ』162号 1980年10月(2012年7月14日時点のアーカイブ) - 福岡県糟屋郡須恵町役場HP

参考文献編集

  • 近藤清石『大内氏實録』中元壮作、宮川臣吉、山口県山口町、1885年10月28日。NCID BA33800345 NDLJP:780384