李 元慶(り げんけい、生年不詳 - 664年)は、中国の高祖李淵の十六男。道王に立てられた。

経歴編集

李淵と劉婕妤のあいだの子として生まれた。623年、漢王に封じられた。625年、陳王に改封された。635年趙州刺史として出向した。636年、道王に改封され、豫州刺史に任じられた。649年、実封千戸を受けた。653年滑州刺史となり、その治績が高宗に上聞されて、報償を賜った。のちに徐州沁州衛州の刺史を歴任した。母に孝事して、その喪にあたっては、母の墳墓に自分も入れるよう願い出たが、高宗は聞き入れなかった。664年に世を去ると、司徒益州都督の位を追贈され、献陵に陪葬された。

子が9人いたとされ、臨淮王李誘と李詢の名のみ伝わる。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻64 列伝第14「道王元慶伝」
  • 新唐書』巻79 列伝第4「道王元慶伝」

関連項目編集