李 善長(り ぜんちょう、延祐元年(1314年) - 洪武23年5月23日1390年7月6日))は、初の政治家。定遠(現在の安徽省定遠県)の人。李祺・李芳・李茂らの父。

李善長

概要編集

至正14年(1354年)、朱元璋率いる紅巾軍が安徽に攻め入ったとき、朱元璋と会ってその人物に惚れ込んで家臣となった。この時に朱元璋に対して「天下を治めるのはあなただ」と言ったとされる。李善長は智謀に優れた人物であり、軍師として朱元璋の王朝成立までの覇業を支えている。

明王朝成立後は筆頭功臣として、明王朝の財政・行政の整備に全力を尽くし、その功績により左丞相にまで出世したが、洪武13年(1380年)、彼が洪武帝(朱元璋)に推挙して、姻戚関係をもった胡惟庸胡惟庸の獄のために殺されると、その連座として罪を問われることとなり、李善長は失脚してしまった。

そして洪武23年(1390年)、洪武帝からその時の連座の罪状を再び問われて、親族を処刑させられて自身も強制的に自害させられた(李善長の獄)。享年77。これも洪武帝の功臣の粛清の一つである。