丞相(じょうしょう)は、古代中国戦国時代以降のいくつかの王朝で、君主を補佐した最高位の官吏を指す。今日における、元首が政務を総攬する国(大統領制の国や君主が任意に政府要職者を任命できる国)の首相に相当する。

呼称編集

秦の荘襄王の即位に多大な功績のあった呂不韋や、漢の高祖(劉邦)をその旗揚げ以来、ずっと補佐してきた蕭何曹参のような、大功臣が丞相職につく場合には、それに敬意を表する意味で「相国」と呼ばれることがある(発掘資料によると、呂不韋は「相邦」と称していたようである。相国の項参照)。鎌田重雄のように、春秋戦国時代に相邦の権威が高まり、君主権を干犯しかねない状況が相次いだので、副宰相というべき「丞相」が設けられ、これが宰相を指すことになっていったという研究者もいるが、詳細は不明である[1]

丞相が2名置かれることがあり、その場合それぞれ「右丞相」「左丞相」と呼ばれた。王朝によってその上下関係に違いがあり、秦漢では右が上、魏晋以降は左が上となった。なお、宦官がこの官職に就く場合は、中人(宦官)の丞相ということで「中丞相」と呼ばれた。

日本での異称編集

日本では、飛鳥時代の末期に中国の律令制度が伝えられ、徐々に国家機構が整備されていった。行政・立法・司法を統括する最高国家機関として太政官が設置され、その長官である左大臣右大臣はそれぞれ唐名で「左丞相」・「右丞相」などと称することがあった。例えば右大臣菅原道真を「菅丞相」と呼ぶなどである。

歴史編集

編集

丞相の起源は戦国時代であり、百官の長とされた。丞相の官名を初めて使ったのは武王[2]であり、左右の丞相を置く事もあり、時に単独で相邦が立つこともあった。秦の統一後は左丞相と右丞相のみが置かれ、秦・漢の時代は右丞相の地位が左丞相より高く、の時代になると両者の立場は逆転した。宦官が丞相を務める際は中丞相と呼ばれ、代表的な人物が趙高である。

編集

前漢の丞相は御史大夫太尉とあわせた三公の首位で、初期には権威と声望が高く、名実ともに官僚機構の頂点にあった。武帝が皇帝の専制を強めると、皇帝の側近くにある侍中や、皇帝の文書事務を扱う尚書が政務の中心となり、丞相の権威は低下した[3]。前漢の哀帝元寿2年(紀元前1年)に丞相は大司徒と改称され、丞相の名称は廃止された。

前漢では各地に封建された諸侯王宰相も丞相と呼ばれたが、景帝の中元5年(紀元前145年)に諸侯王の丞相は「相」と改称され、王朝の丞相と区別されるようになった(歴史用語としては諸侯相と呼んで区別される)。

後漢の三公は太尉・司徒・司空で、丞相はない。その後、実質的なの建国者である曹操が、後漢末の建安13年(208年)に丞相を復活させ、自らその地位に就いた。

三国・魏晋編集

三国時代には、魏・全てに丞相が置かれた。蜀に諸葛亮が1人だけ就任した。諸葛亮の死後、丞相職は置かれなかった。呉では丞相職が長い間置かれていたが、主に顧問の役割を果たし、その実権は上大将軍・大将軍・大司馬の軍職が継承した。魏ではその始祖の曹操自身が丞相と呼ばれていて、丞相が長い間置かれず、後期になって司馬懿が丞相に任ぜられたが固辞している。後にその子の司馬昭が相国に任ぜられ、司馬昭はこれを足がかりに魏王朝を禅譲簒奪)した。

中国王朝などの丞相就任者編集

前漢
劉望
劉玄
劉盆子
後漢
三国
西晋、東晋
十六国
南朝
北朝
隋末唐初の群雄
吐谷渾
唐(李重福)
唐(尚書礼射改)
後唐
南唐
呉越
宋(尚書礼射改)
金(尚書礼射改)
元(中書丞相)
明(中書丞相)
太平天国(六官丞相)

脚注編集

  1. ^ 「丞」は副官の意なので、「相(宰相)」の「丞(副官)」で直訳すると副宰相となる。
  2. ^ 『史記』「秦本紀」:秦武王二年,初置丞相。
  3. ^ 尾形勇・平勢隆朗『中華文明の誕生』、318 - 321頁。袁行霈他編『中国の文明』3上、112頁。

参考文献編集

  • 尾形勇平㔟隆朗『中華文明の誕生』(世界の歴史2)、中央公論社、1998年。
  • 袁行霈・厳文明・張伝璽・楼宇烈・主編、稲畑耕一郎・監修・監訳『中国の文明』3 文明の確立と変容(上)秦漢 - 魏晋南北朝潮出版社、2015年。

関連項目編集