李 子方(李 子芳、李 資方、リ・ジャバン、朝鮮語: 리자방1930年 - )は、朝鮮民主主義人民共和国政治家。国家科学技術委員会委員長、機械工業委員会委員長、朝中親善協会中央委員会委員長などを歴任した。

李子方
리자방
生年月日 1930年
出身校 金日成総合大学
所属政党 朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党

当選回数 1回
在任期間 1990年4月22日 - 1998年7月26日
最高指導者 金日成1948年 - 1994年
金正日(1994年 - 2011年

朝鮮民主主義人民共和国の旗 国家科学技術委員会委員長
在任期間 2010年2月 - 2012年8月
内閣総理 金英逸2007年 - 2010年
崔永林2010年 - 2013年

朝鮮民主主義人民共和国の旗 国家科学技術委員会委員長
在任期間 1985年5月 - 1994年2月9日
政務院総理 姜成山1984年 - 1986年
李根模1986年 - 1988年
延亨黙1988年 - 1992年
姜成山1992年 - 1998年

朝鮮民主主義人民共和国の旗 第1機械工業部長
在任期間 1984年7月 - 1985年
政務院総理 姜成山1984年 - 1986年

朝鮮民主主義人民共和国の旗 機械工業委員会委員長
在任期間 1983年8月 - 1985年
政務院総理 李鐘玉1977年 - 1988年
姜成山1984年 - 1986年
テンプレートを表示
李子方
各種表記
ハングル 리자방
発音 リ・ジャバン
テンプレートを表示

経歴編集

1930年生まれ[1]金日成総合大学卒業[1]1973年に政務院傘下の機械工業委員会設計総局長に任命された[1]1983年8月に機械工業委員会委員長に任命され[1]1984年7月から機械工業委員会傘下の第1機械工業部長を兼任[1]1985年5月に国家科学技術委員会委員長に転じ[1]、朝中親善協会中央委員会委員長・朝鮮科学技術連盟委員長・朝鮮セネガル親善協会委員長を兼任した[1]1990年4月最高人民会議第9期代議員に選出され[1]5月24日から開催された第9期第1回会議で国家科学技術委員長に再任された。しかし、1994年2月に解任されるとしばらく動静が途絶え、2010年2月に国家科学技術委員会委員長に再任され[1]2012年8月まで在任した[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 리자방 李資方북한지역정보넷
  2. ^ 북한의 당.정.군 새로운 인물들 누구인가 統一ニュース 2013年2月14日

参考サイト編集

   朝鮮民主主義人民共和国
先代:
国家科学技術委員会委員長
2010年 - 2012年
次代:
崔相建
先代:
金応鎬
国家科学技術委員会委員長
1985年 - 1994年
次代:
崔希貞
先代:
崔載羽
機械工業委員会委員長
1983年 - 1985年
次代:
改編