メインメニューを開く

李 子通(り しつう)は、初に割拠した群雄の一人。

李子通
皇帝
王朝
在位期間 619年 - 621年
都城 江都
姓・諱 李子通
生年 不詳
没年 武徳5年(622年
年号 明政 : 619年 - 621年

生涯編集

東海郡承県の漁民の子として生まれた。大業末年、李子通は長白山の賊の左才相の下に身を寄せた。李子通は仁愛で知られ、帰順する者が多く、半年もたたずに一万人あまりを集めた。左才相にその名声を妬まれたため、その下を離れて淮水を渡り、杜伏威に合流した。隋将の来整に敗れて海陵に逃れ、将軍を自称した。大業11年(615年)に楚王を僭称した。

大業14年(618年)に宇文化及煬帝を殺した後、江都太守の陳稜が江都を守っていた。李子通が江都を攻撃したため、追いつめられた陳稜は沈法興杜伏威に救援を求めた。李子通の部下の毛文深が沈法興と杜伏威のあいだを離間し、2勢力が牽制しあっている隙に、李子通は江都を奪取した。皇泰2年(619年)、江都で皇帝を称し、国号を、元号を明政と定めた。丹陽に拠った楽伯通を降して、尚書左僕射に任じた。また沈法興を破って晋陵を奪い、李百薬をはじめとした江南の士人の多くを帰順させた。

しかし間もなく杜伏威の部下である輔公祏に破れ、江都を捨て長江を渡り余杭へと逃れ再起を図った。明政3年(621年)に再度杜伏威に敗れると、楽伯通とともに長安に連行された。高祖李淵は邸と畑を与えて厚遇したが、武徳5年(622年)に楽伯通と語らって乱を図ったため、藍田で捕らえられて処刑された。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻五十六 列伝第六「李子通伝」
  • 新唐書』巻八十七 列伝第十二「李子通伝」