李恵宗

李朝大瞿越8代皇帝

李 恵宗(り けいそう、:Lý Huệ Tông、1194年 - 1226年9月3日、在位:1210年 - 1224年)は、李朝の第8代皇帝。第7代皇帝高宗の子。李旵(また『元史』では李昊旵と書かれる)。

李 恵宗
李朝
8代皇帝
国号 大越
王朝 李朝
在位期間 1210年11月15日 - 1224年10月
都城 昇龍(タンロン、現ハノイ
姓・諱 李旵
廟号 恵宗
生年 天資嘉瑞9年(1194年
没年 建中2年8月10日
1226年9月3日
高宗
安全皇后譚氏
后妃 順貞皇后陳氏
陵墓 千徳陵
元号 建嘉

1209年、内乱によって父の高宗とともに都を追われた際、陳李・陳嗣慶によって皇帝に擁立されたことがある(『大越史略』)。

1210年、父の死去で正式に即位したが、父同様に暗愚な人物で国政を顧みなかったため、外戚陳守度に政治の実権を握られた。

1224年、皇位の簒奪を目論む陳守度によって廃され、自身の次女でわずか7歳の李昭皇を擁立される。そして1226年、邪魔者となった恵宗は、陳守度によって自殺に追い込まれた。

先代
高宗
李朝皇帝
第8代:1210年 - 1224年
次代
昭皇