李斌(り ひん、940年 - 1000年)は、中国北宋の人物。本貫青州

経歴編集

晋王趙光義(のちの太宗)が李斌の容貌が魁偉であると聞いて、召しだして側近に置いた。太宗が即位すると、御龍直副指揮使に任じられた。太平興国年間、天武軍指揮使となり、鄭州刺史を兼ねた。7年(982年)、秦王趙廷美の事件に連座して、曹州都校に左遷された。雍熙3年(986年)、営州刺史に転じた。4年(987年)、渓州団練使となり、貝州駐泊都監・冀州駐泊都監を歴任した。淳化年間、莱州団練使・洺州団練使をつとめた。至道元年(995年)、桂州観察使・判洺州となった。咸平3年(1000年)、死去した。享年は61。

伝記資料編集

  • 宋史』巻275 列伝第34