萊州(らいしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から初にかけて、現在の山東省煙台市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代編集

470年皇興4年)、北魏により設置された光州を前身とする。光州は東萊郡長広郡東牟郡の3郡14県を管轄した[1]

隋代編集

隋初には光州は2郡6県を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、光州の属郡は廃止された。585年(開皇5年)、光州は萊州と改称された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、萊州は東萊郡と改称され、下部に9県を管轄した[2]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
萊州 東萊郡
東萊郡 長広郡 掖県 昌陽県 膠水県
牟平県 文登県 盧郷県
即墨県 観陽県
掖県 昌陽県
長広県
黄県 牟平県
文登県

唐代編集

621年武徳4年)、により東萊郡は萊州と改められた。742年天宝元年)、萊州は東萊郡と改称された。758年乾元元年)、東萊郡は萊州の称にもどされた。萊州は河南道に属し、掖・昌陽・膠水・即墨の4県を管轄した[3]

宋代編集

北宋のとき、萊州は京東東路に属し、掖・萊陽・膠水・即墨の4県を管轄した[4]

のとき、萊州は山東東路に属し、掖・萊陽・膠水・即墨・招遠の5県と衡村鎮を管轄した[5]

元代編集

のとき、萊州は般陽路に属し、掖・萊陽・膠水・招遠の4県を管轄した[6]

明代以降編集

1368年洪武元年)、により萊州は萊州府に昇格した。1373年(洪武6年)、萊州府は萊州に降格した。1376年(洪武9年)、萊州は萊州府に昇格した。萊州府は山東省に属し、直属の掖県と平度州に属する昌邑の2県と膠州に属する高密・即墨の2県、合わせて2州5県を管轄した[7]

のとき、萊州府は山東省に属し、掖・濰・昌邑・高密・即墨・平度州・膠州の2州5県を管轄した[8]

1913年中華民国により萊州府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 魏書』地形志二中
  2. ^ 隋書』地理志中
  3. ^ 旧唐書』地理志一
  4. ^ 宋史』地理志一
  5. ^ 金史』地理志中
  6. ^ 元史』地理志一
  7. ^ 明史』地理志二
  8. ^ 清史稿』地理志八