メインメニューを開く

李明(り めい、? - 682年)は、中国の太宗李世民の十四男。曹王に立てられた。

経歴編集

李明の母の楊氏中国語版は、もとは巣王李元吉の妃であり、太宗に寵愛されて、皇后の位にも望まれた。魏徴が諫言したので、太宗は楊氏立后を取りやめた。

李明は、647年に曹王に封じられ、649年に実封800戸を受けた。まもなく1000戸を加えられた。顕慶年間、梁州都督に任じられ、のちに虢州蔡州蘇州刺史を歴任した。高宗の命により李元吉の後を継いだ。680年皇太子李賢の事件に連座して、零陵王に降格され、黔州に流された。682年、都督の謝祐が迫って李明を自殺させた。高宗は李明の死を悼んで、黔州の官吏を全員罷免した。710年に李明の柩が長安に運ばれ、昭陵に陪葬された。5子があった。

子女編集

  1. 李俊(零陵王、南州別駕)
  2. 李傑(黎国公、垂拱年間に処刑された)
  3. 李價(済国公)
  4. 李備(衛尉少卿)
  5. 李偲(右武衛大将軍)

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻76 列伝第26「曹王明伝」
  • 新唐書』巻80 列伝第5「曹王明伝」