李 瑾(り きん、474年 - 538年)は、北魏から東魏にかけての官僚軍人は伯瓊。本貫趙郡柏人県李元忠の従兄。

経歴編集

李悦祖(李霊の子の李恢の子)の子として生まれた。太和年間、奉朝請に任じられた。後に高邑伯の爵位を嗣いだ。広陽王元嘉の下で司徒集曹参軍、高陽王元雍の下で太尉長流参軍、清河王元懌の下で太尉記室参軍を歴任した。後に中堅将軍・歩兵校尉に任じられた。葛栄が河北で反乱を起こすと、李瑾は持節・兼吏部郎中・東北道弔慰大使に任じられて、冀州に向かった。葛栄の包囲を受けたため、防城都督となって防戦を指揮した。冀州の州城が陥落すると、李瑾は逃走して難を逃れた。528年永安元年)、左将軍・太中大夫・殷州大中正の任を受けた。後に衛将軍・右光禄大夫・太尉諮議参軍に転じた。

534年天平元年)、車騎将軍・大司農卿に任じられた。李瑾は学問を好んで、老いても倦まなかった。538年元象元年)秋、死去した。享年は65。使持節・都督定瀛殷三州諸軍事・驃騎大将軍・司徒公定州刺史の位を追贈された。

子女編集

  • 李景威(後嗣、東魏の末年に西汝陰郡太守北斉の初年に降封された)
  • 李某(次子、名不詳、父に従って葛栄の乱の討伐に参加し戦死した)
  • 李氏(韋融の妻)

伝記資料編集