李素節(り そせつ、648年 - 690年)は、高宗の四男。母は蕭淑妃。中宗睿宗の異母兄にあたる。

李素節
続柄 高宗第4皇子

称号 雍王
死去 載初元年(690年
埋葬 乾陵
子女 李璟、李瑛、李琪、李琬、李瓚、李瑒、李瑗、李琛、李璡、李琳、李瓘、李璆、李欽古
父親 高宗
母親 蕭淑妃
テンプレートを表示

生涯編集

651年永徽2年)、雍王に封ぜられ、まもなく雍州牧に任ぜられた。徐斉聃に師事して学問を受け、古い詩やを暗誦した。勉学にまじめにいそしんだので、高宗に愛された。のち岐州刺史に転じ、郇王に改封された。しかし母の蕭淑妃が武則天と争って死ぬと、素節は申州刺史に流された。

666年乾封元年)、素節は病のため入朝しなくてよいとする詔が下った。素節は実は病ではなく、『忠孝論』を著して自分の考えを述べた。倉曹参軍の張柬之がこの『忠孝論』を献上すると、武則天は不愉快に思い、素節を収賄事件に連座させて鄱陽王に降格し、袁州に身柄を移した。677年儀鳳2年)、素節は終身禁錮とされ、岳州に移された。680年永隆元年)、岳州刺史に転じ、のちに葛王に改封された。武則天が称制すると、許王に進封され、舒州刺史となった。

690年載初元年)、異母兄の沢王李上金とともに逮捕され、洛陽の南の龍門駅で縊り殺された後、庶人の礼で葬られた。

子の李璟・李瑛・李琪・李琬・李瓚・李瑒・李瑗・李琛・李璡ら9人は処刑されたが、李琳・李瓘・李璆・李欽古らは幼かったので、雷州に流されて幽閉された。

中宗が復位すると、素節は生前にさかのぼって許王の封を回復し、開府儀同三司・許州刺史の位を追贈され、乾陵に陪葬された。李瓘が許王の位を継ぎ、実封400戸を受けた。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻八十六 列伝第三十六「許王素節伝」
  • 新唐書』巻八十一 列伝第六「許王素節伝」