村上 至孝(むらかみ しこう、1910年10月31日[1] - 1987年4月17日)は、英文学者。

1933年京都帝国大学文学部英文科卒、第三高等学校教授、1949年京都大学教養部教授、1959年大阪大学文学部英文科教授、1974年定年退官、名誉教授龍谷大学教授、大手前女子大学教授。1983年勲二等瑞宝章受章。

18世紀英国文学を専門としヘンリー・フィールディングのほかサッカレーなど長篇小説の翻訳を行い、ロマン主義詩人の研究に移行した。

著書編集

共編著編集

  • 『京大英語講座 第2 英文解釈と鑑賞 現代篇』創元社 1955
  • 『現代作家英文演習』富松尊博共著 新訂版 中央図書出版社 1963

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』